アチェのさまざまな部門が、ポリオの流行に取り組む PIN の成功に取り組んでいます

バンダ アチェ (ANTARA) – アチェの州レベルから地区/市レベルまでのさまざまな政府部門が、アチェでのポリオの発生 (KLB) に対処する全国予防接種週間 (PIN) サブ地区の成功に取り組んでいます。

「このアドボカシーは、ポリオ予防のためのサブPINを成功させることを決意し、協力するというコミットメントを形成することを目的としています」と金曜日、バンダ・アチェのアチェ保健サービスのハニフ所長は述べた.

このコミットメントに関与する要素は、アチェ州知事、ウレマ諮問評議会 (MPU)、アチェ地域長官、PKK 動員チーム、保健サービスの長、教育局、宗教省の地域事務所、女性のエンパワーメントと児童保護局 (DP3A)。

また読む:保健局はサバンの住民に、子供たちに予防接種をしてポリオから守るよう呼びかけています

さらに、コミュニティおよびガンポン エンパワーメント サービス (DPMG)、地域計画開発庁、ダヤ教育局、アチェ地域事務局の特権および人民福祉局、PB アチェ ダヤ ウラマ協会、および 23 の地区/都市の摂政および市長アチェで。

強調されている点は、アチェでのポリオウイルスの蔓延を阻止するためのポリオサブPINの実施を全面的に支持することと、予防接種で予防可能な病気(PD3I)からアチェのすべての子供を保護する取り組みの1つとして、完全な定期予防接種の適用範囲を拡大することです。 .

このコミットメントは、機関の長またはそれを代表する当事者によって直接署名されました。

また読む:アチェ州政府は、ポリオの蔓延を防ぐために集団予防接種を実施しています

ハニフは、ポリオ症例の処理は保健機関に頼るだけでなく、多くのコミュニティの指導者や宗教指導者が関与する可能性があると説明しました。これはコミュニティを招待することに関連していたからです。

ハニフ氏は「注射や治療に関しては問題はないが、これはコミュニティを招き、理解を与えることになるため、一緒に行わなければならない」と語った。

このコミットメントが期待される アウトブレイク対応予防接種 (ORI) 来週のピディと 12 月 5 日に始まるアチェ全体で行われる第 1 段階はうまくいくでしょう。

また読む:Pidieはポリオ症例の発見を宣言します

ORI は、アチェ全体で 13 歳未満の子供を対象としており、95 パーセントに到達することを目標としています。 特にPidieでは、ポリオの予防接種を受ける子どもたちの目標は約10万人です。

「この共有されたコミットメントにより、私たちは成功できると確信しています。 ピディのORIとアチェ全体で問題が発生しないことを願っています」と彼は言いました。

知られているように、アチェ保健サービスは、ピディ地区のマネ地区で検出されたアチェの 4 例のポリオを記録しました。 ある地域では、バンダ アチェにあるザイノエル アビディン地域総合病院で 4 人の子どもたちが治療を受けなければなりません。

「最初の症例は理学療法を受けていますが、残りの 3 例は無症候性のため自宅にいます」と、アチェ州保健局の疾病予防管理 (P2P) の責任者である Iman Murahman 氏は述べています。

イマン氏によると、ポリオウイルスに感染した 4 人の子供は、基本的な予防接種の完全な履歴がなかったため、ウイルスに感染するリスクが非常に高かったとのことです。

See also  ティトが明日アチェの知事代理としてアフマド・マルズキ少将を就任

Related News

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Recent News

Editor's Pick