TWG は、観光の変革に向けたコミュニティ、MSME の強化について話し合います

…観光における気候変動対策の加速は、このセクターの回復力にとって非常に重要です。

バドゥン (ANTARA) – バリで開催された G20 観光作業部会 (TWG) の第 2 回会合では、観光の変革と創造的経済の担い手としてのコミュニティと中小企業 (MSME) の強化に関連する問題が議論された。

この会議は、2022 年 9 月 23 日から 26 日まで、インドネシアの G20 議長国の一環として観光創造経済省によって開催されます。

これらの問題により、経済回復はコミュニティ中心であり、コミュニティの経済の改善に影響を与えることが期待されています。

「G20加盟国とともに、経済回復を促進し、より幅広い雇用機会を開拓する変化の担い手となるのを助けるために、コミュニティと中小企業からの創造的な観光部門を強化するためのベストプラクティスを設計しなければならない」とインドネシアの観光・創造経済大臣サンディアガ宇野は金曜日にバリで言った。

G20 は、主要な問題を扱うために協力する 19 の国と EU で構成される国際フォーラムです。 今年はインドネシアが議長を務めます。

インドネシアの G20 議長国には、金融以外の問題を議論するシェルパ トラックを含む 2 つの会議トラックがあります。 TWG ミーティングは、シェルパ トラックの下で組織されています。

この会議は、G20諸国、ゲスト国、国際機関によって実施されたアイデアやベストプラクティスを交換するためのスペースを提供すると、宇野氏は述べた。

関連ニュース:G20は地元の観光、製品を促進するためのプラットフォーム:宇野大臣

この活動には、インド、イタリア、オーストラリア、カナダ、欧州連合、日本、韓国、オランダ、英国、米国、サウジアラビアなど、G20 加盟国から 71 人の参加者が仮想的および物理的に参加しています。南アフリカ、アルゼンチン、メキシコ、トルコ。

さらに、ゲスト国のシンガポール、スペイン、アラブ首長国連邦(UAE)、フィジー、および世界観光機関(UNWTO)、国際労働機関(ILO)、世界旅行観光評議会(WTTC)などの国際機関の代表団が参加しました。 )、アジア開発銀行(ADB)、経済協力開発機構(OECD)も会議に参加しています。

代表団が到着すると、G20 観光作業部会の議長である Frans Teguh によって歓迎されました。

テグは象徴的にマングローブの苗木を UNWTO の代表者に引き渡しました。 G20、すなわちイタリアの元代表団長(HoD)。 G20 の次の HoD、つまりインドです。

マングローブの苗木は、同社の持続可能性問題への支援の一環として、Traveloka によって植えられます。

「マングローブの苗木は、特に観光地で環境を保護する意識を高め、持続可能な観光を実現することが期待されています」とテグー氏は語った.

彼は、マングローブの苗木の引き渡しは、観光の未来がより包括的で持続可能なものでなければならないことも意味していると付け加えました。

彼によると、観光部門は気候変動の影響を非常に受けやすく、同時に地球温暖化の原因となる温室効果ガスの排出に貢献しています。

「したがって、観光における気候変動対策の加速は、この分野の回復力にとって非常に重要です」と彼は指摘しました。

関連ニュース: G20 TWG 会合で議論された歴史的観光 : 宇野
関連ニュース:G20フォーラムで観光新時代を迎える

See also  バイデン氏、死んだ下院議員を捜索:「ジャッキーはどこ?」 | | 外国

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Recent News

Editor's Pick