Stelcoは、オミクロンのために第4四半期に予想よりも少ない鋼を出荷したと言います—そしてこの四半期はさらに悪化しているように見えます

Stelco Holdings Inc.によると、昨年の第4四半期の鉄鋼出荷は、生産とロジスティクスの課題、およびCOVID-19のオミクロンバリアントの出現によって打撃を受けたため、ガイダンスを下回りました。

ハミルトンに本拠を置く鉄鋼メーカーは、2021年の第4四半期に約625,000ネットトンの鉄鋼を出荷したと述べており、675,000から680,000ネットトンのガイダンスを下回っています。

Stelcoは、ホットストリップミルの計画外の停止、ロジスティクスの課題、および会社だけでなく顧客やサプライヤーに影響を与えたオミクロンによって被害を受けたと述べています。

最新のCOVID-19の亜種は、症例の急増を助長し、病気の労働者が家に留まることを余儀なくされたため、労働力不足を引き起こしました。

同社は、今年の第1四半期の出荷量は、第4四半期の出荷量と同じかそれよりも少なくなる可能性があると付け加えました。

第1四半期のガイダンスが低いのは、計画停止が進んだこと、価格の軟化、需要の弱さ、COVID-19関連の混乱の増加によるものだと述べています。

See also  The Passionの視聴者は、「吃音」の「ルート・デ・ワイルド」を支持しています。

Related News

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Recent News

Editor's Pick