Steamは、プレーヤーがさまざまなPCから「シームレスに」ビデオゲームにアクセスするのを非常に簡単にする新機能を追加しています。 Valveは、ブログ投稿を通じてDynamic CloudSyncと呼ばれる新機能を発表しました。 この機能は、今後のSteam Deckコンソールをサポートするための一連の更新の一部として追加されましたが、このオプションを有効にするすべてのプレーヤーにメリットがあります。

バルブ氏によると、この機能は「デバイスがスリープモードに入る前に、変更されたすべてのセーブゲームデータをクラウドに自動的にアップロードする」という。 つまり、ゲームを終了せずにSteamデッキを閉じても、問題はありません。他のPCデバイスのどこからでも取り戻すことができます。 Steamデッキに戻ると、コンソールを起動する前に進行状況がアップロードされます。

「他のハンドヘルドゲームデバイスと同様に、ユーザーはゲームを終了せずにSteamデッキを頻繁に一時停止することが予想されます」とValve氏は述べています。 「DynamicCloudSyncを使用すると、別のデバイス(PCまたは別のSteamデッキ)でプレイすることを選択した場合、進行状況はそこで待機します。」

もちろん、プレーヤーが利益を得るには、開発者はゲームのオプションをオンにする必要があります。 有効になっていない場合、Valveは「Steamデッキでゲームデータの保存が変更されてもSteamは追跡します」と述べましたが、Steamデッキでゲームを一時停止したプレーヤーは、別のデバイスでプレイする前に、そこに戻ってゲームを閉じるように求められます。 —それ以外の場合は、Steamデッキからの進行状況を保存せずに続行します。

バルブのスチームデッキは2021年7月に発表されました。ハンドホールドコンソールは11月に遅れた後、2月に出荷される予定です。 Steam Deckデバイスは、ストレージ容量に応じて399ドルから649ドルの範囲です。 すべてのゲームがコンソールで動作するわけではありませんが、Valveには、何がうまく動作するかを判断するための簡単な評価システムがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.