ShopBackは新しい資金調達ラウンドで8000万米ドルを調達

シンガポール:ショッピングと報酬のプラットフォームShopBackは、アジアパートナーが主導する資金調達ラウンドで、8000万米ドルの新規資本を調達しました。

シリーズFラウンドでは、シンガポールを拠点とするShopBackが調達した総資本は2億3,000万米ドルを超えます。

ShopBackは、この資本はユーザーとマーチャントパートナー向けの革新的な製品を開発するために使用され、アジア太平洋全体でその存在感を深めると述べました。 また、「公的市場への準備のための能力構築」にも投資されると同社は語った。

ShopBackGroupの共同創設者兼CEOであるHenryChan氏は、次のように述べています。

2014年に設立されたShopBackは、現在、シンガポール、マレーシア、インドネシア、オーストラリアを含む10の市場で3500万人以上の買い物客にサービスを提供しています。

同社は昨年、東南アジアで「今すぐ購入、後で支払う」プレーヤーであるフーラを買収することで金融サービスに進出しました。

1月にShopBackPayを開始し、買い物客が支払い時に報酬を積み重ねながら、GrabPayやクレジットカードやデビットカードなどの好みの支払い方法を使用して店内で支払うことができるようにしました。

アジアパートナーズのマネージングパートナーであるニックナッシュ氏は、次のように述べています。

See also  イーロン・マスクが差し迫った米国の景気後退に加担

Related News

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Recent News

Editor's Pick