OPECと同盟国は、生産が遅れている中で石油生産量を増やすことに合意している

パンデミックの初期である2020年の春、OPEC Plusは、1日あたり約1,000万バレル、つまり当時の世界供給量のほぼ10%の生産量を大幅に抑制しました。

ナイジェリアやアンゴラを含むいくつかの国では、生産量のバックアップを再び構築することは容易ではありませんでした。

国際エネルギー機関は、12月の月次石油レポートで、OPEC Plusが11月の目標を1日あたり65万バレル下回ったと推定しました。これは、グループが毎月増加する予定の1日あたり40万バレルを大幅に上回っています。

サウジアラビアに次ぐグループ第2位の輸出国であるロシアでさえ、1日あたり約990万バレルで壁にぶつかったようです。来月のサウジアラビアの割り当ては同じ割り当てです。 アナリストによると、ロシアがここから大幅に増加するには、税制の改善と新しい分野の開発が必要になるという。

「ロシアは一時的に限界に近づいています」と、調査会社IHSMarkitの常務取締役であるBhushanBahree氏は述べています。

アフリカ最大の生産国であるナイジェリアは、11月に、割り当て量を1日あたり36万バレル下回りました。これは、グループ全体で合意された1日あたり40万バレルの増加を一掃するのにほぼ十分です。 国際エネルギー機関はその報告書の中で、「不十分な規制の枠組み、石油施設の妨害および破壊」がナイジェリアでの必要な支出を阻止していると述べた。

もう1つのアフリカの国であるアンゴラもその割り当てを大幅に下回っていますが、リビアの生産は最近、政治的混乱のために急速に落ち込んでいます。

See also  何も終わっていない: ファースト ブラッドから 40 年、ランボーはブリティッシュ コロンビア州ホープで生き続けています。

Related News

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Recent News

Editor's Pick