NATOはウクライナを支援する義務はない

読み込んでいます…

ドイツのNATO大使リューディガー・ケーニッヒ。 写真/シュピーゲル

ベルリン – NATO のドイツ大使 Ruediger Koenig は、米国主導のブロックがウクライナに直接軍事援助を提供する義務はないと説明した。

Ruediger Koenig は、NATO 加盟国はロシアとの大規模な戦争を避けたいと考えていると付け加えた。

彼は、土曜日(2022 年 1 月 10 日)にインタビューを掲載した Der Spiegel マガジンの 10 代版である Dein Spiegel に話を聞きました。

ウクライナ紛争が記事の大部分を占めており、Koenig は 2 月下旬に隣国への攻撃を開始するというロシアの決定を画期的な出来事として説明しています。

「私たちは平和を保っていますが、今、突然、ヨーロッパで、ある国が別の国を同じように攻撃していることがわかりました」と当局者は語った。

こちらもお読みください:ウクライナのNATO加盟を支持する国は9カ国のみ

彼は、そのようなことが起こるとは誰も想像できなかったと付け加えた.

ドイツのNATO大使は軍事同盟全体を強調したが、ウクライナは加盟国ではないため、キエフがモスクワの攻撃を撃退するのを助ける法的義務はない.

これは、NATO 条約の第 5 条を有効にすることができないことを意味します。

また読む: 市長: ロシア人男性の 10% は、うるさい妻を避けるためにウクライナで戦うことを厭わない

See also  イタリアで氷河が崩壊した後、さらに5人が行方不明

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Recent News

Editor's Pick