Kwarteng が再分配をやめると、高額所得者が利益を得る

Liz Truss は、金曜日の財政政策の前に、事業と裕福な人々のために減税を最優先にしているため、不人気になる用意があることを明らかにしました。 その結果、最近の保守党政権が採用した「レベルアップ」政策との対比はこれ以上ないほど明確になりました。

「この国ではあまりにも長い間、再分配をめぐる争いに耽溺してきた」と新首相のクワシ・クワーテン氏は議会で、企業、高所得者、住宅購入者に対する減税を発表し、給付金請求者やストライキ中の労働者に対する取り締まりを発表した. 「繁栄と生活水準を向上させる方法で経済を管理することについて、私たちは謝罪しません。」

しかし、彼が発表した措置は、組合、慈善団体、および労働反対派から猛烈な反応を引き起こしました。 一方、エコノミストやシンクタンクは、最大の利益は高所得者にもたらされ、パッケージは英国の長期的な経済成長に大きな違いをもたらさないだろうと述べた.

シンクタンク、公共政策研究所の所長であるキャリーズ・ロバーツ氏は、一連の減税は「当面の成長のシュガーラッシュ」にすぎないと述べた。 しかし、彼女は、それらは「不平等をターボチャージするだろう. . . 公共サービスを持続不可能な状態に置きながら」、「明確な経済的利益を得ることなく政府の借り入れを大幅に拡大することにより」投資の範囲を縮小します。

財務省は、新しい政策の分配効果に関する通常の分析を公表しませんでした。 しかし、クワルテング氏が打ち出した主な財政措置や、銀行家のボーナスの上限を引き上げるなどの象徴的な変更は、明らかに所得水準の高い人々を対象としていました。

レゾリューション・ファウンデーションのディレクターであるトルステン・ベルは、このパッケージを「フルスロート・トリクルダウン」と表現しました. シンクタンクは、個人の減税による利益のほぼ 3 分の 2 が、所得税の基本税率の 1 ペンスの引き下げ、国民保険料の以前の引き上げの反転、上位所得者に対する 45% の税率の廃止などであると見積もっています。 5 分の 1 の裕福な世帯に送られ、最貧層の半数はわずか 12% しか受け取っていません。 給与が 20 万ポンドの人は年収が 5,220 ポンドになりますが、年収が 20,000 ポンドの人は 157 ポンドしか得られません。

印紙税の削減はまた、他の場所よりも不動産価格が高いロンドンと南東部ではるかに大きな違いを生むだろう、とレゾリューション・ファウンデーションは指摘した。ロンドンですが、北東部ではまったく影響がありません。

財政研究所所長のポール・ジョンソン氏は、減税にもかかわらず、中間所得層は今後数年間、国庫への支払いを増やそうとしていると指摘した。個人的な手当。

現在の議会で導入された所得税と国民保険のすべての改革を考慮に入れると、「155,000ポンドを超える人だけが全体としてより少ない税金を支払うことになります. 大金持ちは何万ドルも支払うことはないだろう」と彼は言った。

IFS は、63,000 ポンドから 125,000 ポンドの収入がある人々が現金換算で最大の損失を被り、2025-26 年の直接税の支払い額は、変更が行われなかった場合よりも 1,570 ポンド多くなるだろうと述べています。

「これは、裕福な大企業と市にとって恥知らずな予算です」と労働組合団結の書記長であるシャロン・グラハム氏は述べ、労働組合会議のリーダーであるフランシス・オグラディ氏は、この措置を「ロビン・フッドの逆」と表現しました。 」。

2021-22 年から 2025-26 年に導入された所得税と NIC の変更が 2025-26 年の納税義務に与える影響

「私たちが話している間、彼らは会議室で首相に乾杯するでしょうが、働く人々は請求書を受け取るために残されます」と、影の首相であるレイチェル・リーブスは述べ、政府は過剰な利益を上げているエネルギー会社を保護することを選択したと付け加えた。高いエネルギー コストは最終的に納税者の負担になります。

Kwarteng 氏の主張は、法人税の引き下げが企業の物価を引き下げ、より高い賃金を支払い、年金に流れ込む配当を押し上げるのであれば、すべての人を助けるというものです。 「企業の利益は個人の利益と切り離すことはできません」と彼は言いました。

しかし、首相は同時に、労働者が企業利益の分け前について交渉することをより困難にしました。ストライキは、交渉が完全に決裂した後にのみ行うことができます。」

ビジネス グループである Recruitment & Employment Confederation の責任者である Neil Carberry 氏は、これが労働争議を長引かせる可能性があると述べました。準備ができていない人が面接に行く」.

しかし、首相の計画に対する主な批判は、利益をより広く広めるために必要な経済成長の持続的な上昇につながる可能性は低いというものでした.

コンサルタント会社パンテオン・マクロエコノミクスのサミュエル・トゥームズ氏は、国内総生産(GDP)の伸びは控えめだろうと述べた。 . . 高所得者であり、その支出は収入の変化にあまり反応しません。」

一方、首相は、税制の変更よりも長期的な成長にはるかに大きな影響を与える公共投資や、来年の給付の引き上げに関する計画をまだ立てていませんでした。 「これらの減税によって経済見通しが変わったとは考えていない」とトゥームズ氏は述べた。

シンクタンクであるニュー・エコノミクス・ファウンデーションのチーフエコノミスト、アルフィー・スターリング氏は、「英国は10年以上にわたって個人および法人税を削減してきました。 「賃金の停滞、公共サービスの崩壊、平均余命の失速など、その結末はすでにわかっています。」

See also  ウクライナは自国の余剰電力でドイツを支援したい

Related News

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Recent News

Editor's Pick