FSB の書簡が流出、ロシアは 2021 年に日本を攻撃する計画だと述べている

読み込んでいます…

ロシアが2021年に日本を攻撃する計画に言及しているFSBの書簡がリークされた.写真/イラスト

ワシントン ロシア 攻撃の準備をしています 日本 2021年の夏、ウラジミール・プーチン大統領がウクライナへの本格的な侵攻を開始する数か月前。 これは、ロシアの連邦保安局 (FSB) の記者からの手紙を掲載した電子メールで明らかになりました。 ニューズウィーク.

3 月 17 日付の電子メールは、ウィンド オブ チェンジというあだ名のエージェントから、腐敗防止ウェブサイト Gulagu.net を運営し、現在フランスに亡命しているロシアの人権活動家、ウラジーミル オセチキンに送信されました。

FSB のエージェントは、プーチン大統領が 2 月 24 日に近隣のウクライナに侵攻したときに始まった戦争に対する軍内の怒りと不満を表明する定期的な文書をオセチキンに送っています。

3月のOsechkinへの電子メールで、代理店は2021年8月の時点で、ロシアは日本との地方軍事衝突に向けて非常に真剣に準備していると述べた.

FSB のエージェントは、ロシアのウクライナ侵攻の投票は数か月後に決定されたと示唆した。

「両国が深刻な対立の段階に突入し、戦争にさえなるという確信は非常に高い。なぜウクライナが(最終的に)最終的に戦争に選ばれたのか(シナリオはあまり変わっていない)は、他の誰かが答えなければならない.彼らはニューズウィーク、金曜日 (2022 年 11 月 25 日) で引用されたように書いています。

内部告発者は、日本を標的とする電子戦ヘリコプターの動きを詳しく説明し、ロシアのプロパガンダ機関も、日本をナチスやファシストとレッテルを貼るための大きな圧力から始まりました。

ロシアと日本の関係自体は良くないとも言えます。 両国は、第二次世界大戦を終結させるための平和条約に調印したことはありません。 その主な原因は、日本が領有権を主張し、ロシアが占領している島嶼群をめぐる紛争によるものです。

読む: 日本は依然としてロシアを非難しない19カ国を支援している

両国は千島列島群をめぐる領​​有権争いに巻き込まれていることが知られている。 千島列島の国後島、択捉島、色丹島、歯舞群島は、第二次世界大戦の終結時にソ連に占領されました。 東京は島々を「北方領土」と主張しており、この問題は何十年にもわたってロシアと日本の関係を緊張させてきた。

See also  助けられないことに激怒、ウクライナ:イスラエルはロシアを恐れる!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Recent News

Editor's Pick