EWSSと債務倉庫保管後の企業にとって次に何がありますか?

企業が現在直面している一連の新しい課題を考えると、ほとんどが一生に一度の経験であった可能性が高いものからまだ出現していることを忘れがちです。

サプライチェーンの難しさ、投入コストの上昇、エネルギー価格の上昇は、企業が現在取り組んでいる問題ですが、多くの企業がドアを閉めたり、サービスを継続的に縮小したりするパンデミックの直後に熱くなっています。

制限された取引の期間を通じて企業を支援するために政府によって実施された支援は徐々に終了し、今日のほとんどの企業で終了する主要なスキームの2つがあります。

雇用賃金補助制度

2020年3月のパンデミックの初期に政府によって導入された一時的賃金補助制度の後継者であるEWSSは、その年の9月1日に発効しました。

それは、給与と総賃金の適格な従業員の数に基づいて、適格な雇用者に定額の補助金を提供しました。

資格を得るには、企業は、事業の売上高が少なくとも30%減少すること、およびパンデミックによって混乱が生じたことを実証できなければなりませんでした。

定額の支払いは、時間の経過とともに、従業員1人あたりの最大週額350ユーロから100ユーロに減額されました。

コビッドのオミクロン波を抑制しようとするために12月下旬から1月に導入された制限によって直接影響を受けたものを除いて、すべての企業にとって、計画は本日終了します。

免除された企業の場合、このスキームは5月末まで従業員1人あたり100ユーロで実行されます。

木曜日の時点で、22,500の企業がまだこのスキームを利用していました。

現在までに、約68億ユーロの費用がかかり、約52,000の企業と約737,000の従業員をサポートしています。

債務倉庫スキーム

DWSは、Covid-19によるキャッシュフローと取引の困難を経験している企業を支援するために導入されました。

このスキームでは、企業は一定期間、特定のCovid-19関連の税金債務を無利子で一時的に「保留」することが許可されていました。

このスキームの背後にある考え方は、企業が財政的に有利な立場になるまで、適格な納税義務の一部の支払いを延期できるようにすることでした。

スキームは昨年末に適格企業の大多数に適用され、昨年12月の制限の影響を受けた企業は今日までスキームに留まる資格がありました。

「倉庫に保管された債務は、年末まで無利子で保留されたままです」と、歳入のコレクターであるジョー・ハウリー将軍は説明しました。

「2021年12月に導入された公衆衛生規制の影響を受けた企業の場合、債務は2023年4月30日まで保留されたままです」と彼は付け加えました。

これらの期間の後、3%の割引金利が適用されます。

ここ数週間の歳入のデータによると、1月末までに、導入以来、債務倉庫スキームの対象となる総額309億ユーロのうち、90%が支払われていました。

約30億ユーロが倉庫に保管されています。

スキームを利用する企業は、納税申告書を最新の状態に保つ必要があります。

「これを行わない事業は、債務保管スキームのメリットを失います。これは、事業の納税義務が直ちに支払われることを意味します。また、現在倉庫保管されている債務に適用される0%の金利を意味します。大幅に引き下げられた3%の金利は適用されない」と述べた。

収益は、合意された期間にわたって、その倉庫に保管された債務の「調整された支払い」の取り決めを実施するために、年末に向けてスキームを利用する企業との連絡を開始します。

「支払いの取り決めは、関係する事業の財政状況を考慮に入れ、合意された支払いスケジュールの期間中、3%の割引金利が適用されます」とハウリー氏は説明しました。

スキームは機能しましたか?

ビジネスグループIbecのCEOであるDannyMcCoyは、EWSSが成功したことは「反駁できない」と述べました。

アイリッシュタイムズ紙に書いた彼は、計画のバージョンは将来のショックのために州の兵器庫に保持されるべきであると述べた。

中小企業代表グループのCEOであるニール・マクドネル氏は、この計画は彼らがやろうとしていたことをほぼ達成したと述べた。

「逆に、破産の減少によって成功を測定することができます」と彼は言いました。

2020年と2021年には、破産のレベルは2019年のレベルを下回り、ニール・マクドネルは世界的大流行の文脈では実際には意味がないと述べました。

スキームの主な欠点は、資格のある従業員の収入に制限を課したことであり、実質的ではあるが、社会基金に最も多く支払った人々を除外したと彼は主張している。

「とにかくそれから利益を得ることになったのは低賃金の未熟練労働者だったので、政府はデフォルトでそれを正しくした」と彼は言った。

しかし、昨年末、これを利用した企業の中には、かなりの利益を上げて多額の配当を行っていることが明らかになったため、論争が巻き起こった。

アイルランドの副首相兼企業大臣のレオ・バラッカーは、一部の企業がすでに返済していることを認めながら、支払いを返金するように行った企業に呼びかけました。

ダニー・マッコイは、この問題はいくつかの点で誤解を招くものであったと考えており、一部の企業は株主が利益を上げているときに配当金を支払う必要がある可能性があり、これらの要件は期限付きであると指摘しています。

「賃金、利子、配当、内部留保の支払いはすべて、景気後退の際に事業を継続し、株主の信頼を維持するための重要な支出です」と彼は書いています。

しかし、彼は12月にモーニングアイルランドに、大きな利益を上げたり、多額の配当を支払ったりしながら支援を利用する企業に関して「ひどい」行動があった場合、そのような行動を呼びかけ、行動を起こすべきだと語った。

スキームを拡張する場合はありますか?

ウクライナでの戦争によってさらに悪化したインフレから生じる企業が直面する新たな課題に照らして、政府は制度の縮小へのアプローチに柔軟性を持たせるよう求められてきました。

ビジネスグループの間では、特に税務倉庫の要素にある程度の余裕を持たせたいという一般的な要望があります。

小企業協会は、支援企業がより迅速に債務を削減するために、倉庫期間全体にわたって0%の金利期間の延長を求めました。

また、2年から3年の固定最低返済期間の導入を求めた。

「税の倉庫保管は多くの人にとってかけがえのないものでしたが、多くの中小企業に返済するのは簡単ではありません。多くの中小企業が将来も存続できるようにするには、歳入委員会による中小企業との個別の関与が必要です」 、IdiroAnalyticsのディレクターおよびSFANationalCouncilの副議長は述べました。

ここで17万の事業を代表するファミリービジネスネットワークは、コストの上昇がそれらの事業の多くの実行可能性を危険にさらしていると述べた。

それは、現在のコストの急上昇を通じて先住民企業を支援するために、対象を絞った1回限りの免税と組み合わせたDWSの拡張を要求しました。

事業の失敗は急増するのでしょうか?

4月初旬に発行された最新のリストラアップデートのPwCによると、ビジネスリストラの「波」はまだアイルランドを襲っていません。

破産のレベルは、今年の後半に回復すると予想されており、「人工」レベルと表現されている10,000社ごとにわずか15社という現在の最低記録から、それは信じています。

このような率は10年半以上見られておらず、過去17年間の平均故障率である10,000企業あたり52をはるかに下回っており、2012年には10,000企業あたり109がピークになっています。

PwCIrelandの破産パートナーであるKenTyrellは、次のように述べています。

「アイルランド政府の支援は、秋に失効した英国よりもはるかに長く続いた。彼らは昨年末と今年初めに回復を見た」と彼は説明した。

彼は、アイルランドの清算率は、10,000社ごとに英国の清算率の約3分の1で実行されていると指摘しました。

英国では経済状況がもう少し厳しいかもしれないという事実を考慮しても、ここでの破産率は通常それほど低くはありません。

Neil McDonnellは、破産率が今後数か月で上昇する可能性があることに同意しますが、プロセスに関与するすべての人にある程度の柔軟性を求めました。

「あちこちに赤いインクがあり、それは誰かのバランスシートに着地しなければならない」と彼は言った。

「これについては判断を下す必要があります。2019年に実行可能であり、純粋に封鎖のために脆弱であった企業-あなたはそれらを手放しますか?」 彼は尋ねた。

彼は、収益が過去に実用的なアプローチをとっていたことを指摘し、今後数か月以内に再びそうすることを期待していました。

「問題は、来年の返済が始まるときに何が起こるかということです。誰かが手を挙げて返済を開始できないと言った場合、収入は彼らのプラグを抜くのでしょうか、それとも取り決めが締結されるのでしょうか?収益の判断が必要だ」と述べた。

See also  コンピューターモニターが「消えた」後、顧客は宅配便の払い戻しを勝ち取ります| 十字軍| ファイナンス

Related News

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Recent News

Editor's Pick