CSIR-CCMB、CSIR-IICTがCOVID-19の固有のmRNAワクチンに協力

CISR-Centre for Cellular&Molecular Biology(CCMB)は、CSIR-Indian Institute of Chemical Technology(IICT)などと協力して、固有のmRNAワクチンの開発に取り組んでいます。 「注射可能なワクチンの形で持ち出されるまでには、厳密な開発とテストが必要です」と、ディレクターのVinay KumarNandicoori氏は述べています。

「これは私の前任者であるRakeshMishraによって開始されました。私たちはプロセスを継続し、分析を行い、RNAの作成、脂質粒子へのパッケージングなど、過去数か月の複数のステップをテストしています」と彼は説明しました。 ディレクターは、COVIDパンデミックに取り組むために2つのmRNAワクチンがすでに世界中で使用されているため、mRNAワクチンの製造は目新しいものではありませんが、それでもプロセスが得られていないため、かなりの作業が必要になると指摘しました。どんな会社でも。

最高の科学研究所は、2020年3月にパンデミックが発生した時から、診断キットの検証、新技術の開発、新薬のテスト、人材のトレーニング、およびゲノム配列決定に取り組んできました。 「私たちはゲノム配列決定に重点的に取り組んできました。全国の全配列の約12%がCCMBからのものです」と彼は指摘しました。

INSACOG-Indian SARS-CoV-2 Genomics Consortium、およびRockefellerやSBI Foundationsなどの他の企業からの寛大な資金提供により、700〜800のシーケンスを1回のショットで実行できる次世代シーケンスプラットフォーム「Novaseq」を利用することができました。 「ナノポア」の別の方法により、50のシーケンスを一度に実行できます。

「最近では、ほとんどのサンプルをアンドラプラデシュから入手しています。 これらは旅行者のサンプルであり、それらの中からオミクロンの症例を特定するためにゲノム配列決定が行われています」と彼は説明しました。 トップサイエンティストによると、センターフォーDNAフィンガープリンティングアンドダイアグノスティックス(CDFD)は、テランガーナ空港とハイデラバード空港のサンプルを扱っています。

Nandicoori博士は、新しい亜種をテストするための改善された診断に取り組むこととは別に、新薬とワクチン接種のテスト、監視-ゲノム配列決定、空気と下水のサンプリングでのテストは、感染の広がりと新しい亜種。

「ゲノムシーケンシングの所要時間は約3〜4日です。そのため、COVID陽性サンプルのテストとゲノムシーケンシングにより、新しい変異体の拡散に関する情報を得ることができます。 特定の数のサンプルをテストすると、一般集団におけるオミクロンの割合がわかります」とディレクターは説明しました。

彼は、「全世界がワクチン接種を受けるべきである」と「オミクロンよりも毒性の強い変異体が世界の他の地域から来て、私たちの免疫システムに挑戦する前に、可能な限り多くのワクチン接種を確保する」ことを提唱しています。

See also  新しい Aussie Wonder 素材はリサイクル可能で、水を浄化し、安心感を与えることができます

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Recent News

Editor's Pick