COVID-19:サスカチュワン。 537の新しい症例を報告し、新しい死亡はない

サスカチュワン州は水曜日に537件のCOVID-19の新規症例を報告し、州内の活動中の症例の総数は4,446件になりました。

記事の内容

サスカチュワン州は水曜日に537件のCOVID-19の新規症例を報告し、州内の活動中の症例の総数は4,446件になりました。

記事の内容

毎日の新規症例の7日間の平均は549に増加し、COVID-19の入院患者数は106に増加しました。サスカチュワン州の第4波のピーク時に、州の7日間の平均は9月20日に494に達しました。 。

新しい症例の大部分は、州の2つの最大の都市で発生しました。 レジーナは最も新しい症例で、165を報告しました。サスカトゥーンは130で2番目に高く、南東ゾーンは41で3番目でした。

記事の内容

サスカトゥーンは現在、1,398件のアクティブなケースの数が最も多いです。 レジーナは2番目に1,231で、南東ゾーンは3番目に305です。

新しい症例のうち、112人は30〜39歳のワクチン未接種の人々、110人は20〜29歳のワクチン未接種の人々、89人は40〜49歳のワクチン未接種の人々でした。

新たな死亡は報告されていません。

See also  氷のモンスーン:BMKGは、4月まで時折雹が降るだろうと言っています

Related News

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Recent News

Editor's Pick