COVID-19ワクチンの副作用は妊娠中の人では起こりにくい、と研究は言う

カナダの新しい研究は、妊娠していない人よりも、COVID-19 ワクチンを接種した後の健康問題の発生率が低いことを示唆しています。

Canadian National Vaccine Safety Network は、2020 年 12 月から 2021 年 11 月までの間に、15 歳から 49 歳までの 191,360 人のワクチン接種を受けた女性からデータを収集しました。

研究者は参加者に、学校や仕事を休んだり、医療機関を受診したり、日常生活に支障をきたしたりするほど深刻な「重大な健康上の出来事」を報告するよう求めました。

5,597 人の妊娠中の参加者のうち、4% が mRNA ワクチンの初回投与から 7 日以内に重大な健康上の問題を報告し、3,108 人の妊娠中の回答者の 7.3% が 2 回目の接種で副作用があったと述べました。

妊娠していない人のうち、174,765 人の回答者のうち 6.3% が 1 回目の投与後に重大な健康上の問題を報告し、10,254 人の参加者の 11.3% が 2 回目の投与後に気分が悪くなったと述べました。

Lancet Infectious Diseases に掲載された論文の上級著者である Julie Bettinger 博士は、この発見は「予想外」であり、さらなる調査が必要であると述べています。

「妊娠中の女性に対する他のワクチンに関するこれまでの研究では、妊娠中の女性と妊娠していない女性の間で健康状態に有意な差はほとんど報告されていないか、妊娠中の率が高いことが報告されています」と、BC Children’s Hospital の調査員である Bettinger 氏は木曜日のニュースリリースで述べました。

「この研究で妊婦に観察された副作用の減少がmRNAワクチンプラットフォームの特徴なのか、それともこれらの特定のワクチンの特徴なのかを特定するには、COVID-19以外のmRNAワクチンに関するさらなる研究が必要です。」

Canadian Press によるこのレポートは、2022 年 8 月 12 日に最初に公開されました。

会話に加わります

会話は読者の意見であり、 行動規範。 スターはこれらの意見を支持しません。
See also  ホルモンによる禁煙の試みのタイミング

Related News

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Recent News

Editor's Pick