Covid抗ウイルス薬モルヌピラビルには安全上の大きな懸念があります:ICMRチーフ

ICMRのチーフであるDr.Balram Bhargavaは、世界保健機関と英国は治療にそれを含めていないと述べた

ICMRのチーフDr.Balram Bhargavaは、1月5日、Covid抗ウイルス薬モルヌピラビルは安全性に大きな懸念があり、コロナウイルス治療の国内プロトコルには含まれていないと述べました。

記者会見で、彼は世界保健機関(WHO)と英国が治療のためにそれを含めていないと述べた。

「この薬には安全上の大きな懸念があることを覚えておく必要があります。 催奇形性、変異原性を引き起こす可能性があり、軟骨の損傷を引き起こす可能性があり、筋肉にも損傷を与える可能性があります。 催奇形性の影響で生まれた子供が問題になる可能性があるため、この薬を投与した場合、男性と女性に避妊を3か月間行う必要があります」と彼は記者団に語った。

Bhargava博士は、米国が承認したのは1,433人の患者のみであり、軽度から中等度の疾患の患者の症状が3%減少したと述べました。

彼は、それがコビッドの内国民待遇プロトコルの一部ではないことを強調した。

「授乳中の薬とその使用、子供、軟部組織の損傷、生殖年齢層について懸念があります」と彼は言い、彼らはその使用法について2回議論しており、さらに議論する予定であると付け加えました。

12月28日、インドの医薬品規制当局中央医薬品標準管理機構は、緊急事態での使用を制限するためにモルヌピラビルを承認しました。

「モルヌピラビルは現在、COVID-19の成人患者の治療のための緊急事態下での使用が制限され、病気の進行のリスクが高い13社によって国内で製造される予定です」とUnion HealthMinisterのMansukhMandaviyaは述べました。

モルヌピラビルは、ウイルス変異誘発によるSARS-CoV-2複製を阻害する抗ウイルス剤です。 2021年12月4日の英国MHRAは、SARS-COV-2診断テストが陽性で、深刻な病気を発症している、と公式声明は述べていました。

12月23日、米国FDAは、直接SARS-CoV-2ウイルス検査の結果が陽性であり、入院または死亡を含む重症のCOVID-19であり、FDAによって承認された代替のCOVID-19治療オプションにアクセスできない、または臨床的に適切でない場合。

CDSCOは、国内でのモルヌピラビル薬の製造と販売について22件の申請を受けました。

「Covidの緊急および満たされていない医療ニーズを考慮して、SECは12月27日に、モルヌピラビル200mgカプセルを1日2回800mgの推奨用量で5日間製造および販売する許可を与えることを推奨しました。 SpO2が93%を超え、入院やさまざまな状態での死亡など、病気の進行のリスクが高いCOVID-19の成人患者の治療に使用する」と述べた。

条件に応じて、薬は専門医の処方箋の下でのみ小売りで販売されるべきであり、推奨用量は5日間1日2回800mgでなければなりません。

See also  Edomexは、covid-19に対する12歳および13歳未満の子供の予防接種を開始します

Related News

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Recent News

Editor's Pick