Covidワクチンが幼児に問題を引き起こすことはめったにない、CDCレポート

疾病管理予防センターは木曜日に、コロナウイルスに対して子供に予防接種をすることの重要性を強調した2つの研究を発表しました。

ある研究によると、ファイザー-バイオエヌテックワクチンを接種した5〜11歳の子供たちの深刻な問題は非常にまれでした。 もう1つは、昨年夏に6つの都市で数百件の小児入院を調べたところ、重病になった子供たちのほぼ全員が完全にワクチン接種されていなかったことがわかりました。

これまでに、米国では5〜11歳の子供に800万回以上のファイザーワクチンが接種されています。 しかし、新しいワクチンの未知数に対する懸念により、一部の親は子供に接種することを躊躇しました。これには、より広範な展開が表面化するまれな問題をもたらすのを待つことを好むと述べた人も含まれます。

CDCは、5〜11歳の予防接種キャンペーンの約6週間後の12月19日までに、深刻な問題の報告はほとんど受けていないと述べました。 代理店は、医師や一般市民から受け取った報告と、その年齢層の約43,000人の子供たちの親または保護者からの調査回答を評価しました。

調査対象の子供たちの多くは、特に2回目の投与後、発作部位の痛み、倦怠感、または頭痛を報告しました。 調査対象者の約13%が、セカンドショット後に発熱を報告しました。

しかし、まれにコロナウイルスワクチンに関連している心筋炎の報告はほとんどありませんでした。 CDCは、医師、ワクチン製造業者、またはその他の一般市民から寄せられた11件の検証済み報告があったと述べました。 CDCによると、報告の時点で、そのうち7人の子供が回復し、4人が回復していた。

CDCは、ワクチン関連の心筋炎の報告率は、12歳から29歳の少年と男性の間で最も高いように思われると述べました。

多くの親または医師はまた、5歳から11歳の子供が、年長の子供と大人を対象とした誤った、より多くのワクチン投与を受けた事例を報告しました。 CDCは、これらの問題は「予想外ではない」と述べており、そのような報告のほとんどは、子供たちがその後問題を経験しなかったと述べています。

CDCは、5歳と6歳の少女の死亡に関する、2つの報告を詳述しました。この報告では、当局は慢性的な病状があり、発砲前は「脆弱な健康状態」であったと述べています。 「最初のレビューでは、死亡とワクチン接種の因果関係を示唆するデータは見つかりませんでした」と同庁は述べた。

小児入院に関するCDCの別の報告は、すべての適格な子供に予防接種をすることの重要性についての追加の証拠を提供しました。 昨年夏にCovid-19で病院に入院した18歳未満の700人以上の子供たちを対象としたこの研究では、ショットの対象となった子供たちの0.4%が完全にワクチン接種されていたことがわかりました。

この研究では、入院したすべての子供たちの3分の2が併存症、ほとんどの場合肥満であり、5歳以上の子供たちの約3分の1が複数のウイルス感染症にかかっていることもわかりました。

全体として、子供たちのほぼ3分の1が非常に病気で、集中治療室で治療する必要があり、ほぼ15%が人工呼吸器を必要としていました。 入院したすべての子供たちの中で、1.5パーセントの子供たちが亡くなりました。 6つの病院は、フロリダ州アーカンソー州、イリノイ州、ルイジアナ州、テキサス州、ワシントンDCにありました。

「この研究は、Covid-19で入院したワクチン未接種の子供が重篤な疾患を経験する可能性があることを示しており、個人の保護を提供し、まだワクチン接種を受ける資格のない子供を保護するために、資格のあるすべての子供にワクチン接種することの重要性を強調しています」と研究の著者は書いています。

See also  Appleが英国で画像をスキャンしてヌードを探す児童安全機能を開始

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Recent News

Editor's Pick