COVIDはヨーロッパでのHIV検出に打撃を与え、根絶の進歩を脅かします

[ロンドン 11月30日 ロイター] – 欧州では新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックで検査率が低下し、未診断のHIV感染者数が増加しており、2030年までにHIVを終息させるという世界的な目標が脅かされている、と報告書は述べた。

世界保健機関 (WHO) と欧州疾病予防管理センター (ECDC) の共同報告書によると、2021 年には、WHO のヨーロッパ地域におけるパンデミック前のレベルと比較して、記録された HIV 診断が 4 分の 1 減少しました。

この地域には、HIV 感染率が最も高いロシアとウクライナが含まれます。

この後退は、検査を含む HIV に関連するサービスが、2 年間のパンデミックの間、多くのヨーロッパ諸国で脇に追いやられたためである可能性が高い、と報告書は発見した。

ECDC の HIV 専門家であるアナスタシア氏は、「COVID-19 のパンデミックによる臨床部門や公衆衛生機関での検査の減少と追加の需要が、2020 年と 2021 年の症例検出に影響を与えた可能性が高く、これは今日でも続いていると考えています」と述べています。ファリスは水曜日のニュースブリーフィングで語った。

このレポートでは、モデリングを使用して推定感染数を予測し、それを WHO のヨーロッパ地域の 53 か国のうち 46 か国から提供された検査データと比較しました。

その地域で HIV に感染している推定 8 人に 1 人が未診断のままであることが判明しました。

HIV感染から診断までの期間が長くなればなるほど、重篤な病気や死亡の可能性が高くなり、個人が無意識のうちに性的パートナーにウイルスを渡す可能性が高くなるため、パンデミック中のHIV検査の中断は問題になる.

HIV、結核、マラリアに取り組む取り組みは、2020 年の COVID-19 パンデミックに見舞われた後、昨年回復し始めましたが、世界はこれらの病気を打ち負かすための軌道にまだ乗っていません。

マギー・フィックによる報告。 アレクサンダー・スミスによる編集

当社の基準: Thomson Reuters Trust Principles。

See also  FDAは、すぐに食べられるシーフード施設での輸入違反とリステリアについて企業に警告しています

Related News

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Recent News

Editor's Pick