Covidにより、IMFは緊急資金を18か月延長します

国際通貨基金は木曜日、Covid-19のパンデミックによって深刻な影響を受けた国々を支援するために、緊急資金への柔軟なアクセスをさらに18か月延長すると発表しました。

ワシントンを拠点とする危機の貸し手は声明のなかで、IMFの執行委員会は月曜日に、2023年6月まで「緊急融資手段の下での累積アクセス制限の一時的な引き上げ」に合意した。

2020年4月、世界がコロナウイルス感染と死亡の最初の波に直面したとき、IMFは、各国が獲得できる資金のレベルを上げることを含め、そのような援助へのアクセスを容易にしました。

プログラムはすでに2020年9月と昨年3月の2回延長されています。

理事会はまた、一時的に引き上げられた「他のすべてのアクセス制限」が、予定通り2022年1月1日からパンデミック前のレベルに引き下げられることに合意した。


国際通貨基金は、コロナウイルスのパンデミックによって深刻な影響を受けた発展途上国と貧しい国を支援するために、2021年12月に複数の措置を講じました。写真:- / MANDEL NGAN

「この決定は、緊急のパンデミック関連の国際収支ニーズによって引き起こされた緊急融資から、クレジットトランシェの質の高い取り決めへの予想される継続的な段階的な移行を反映している」とIMFは述べた。

また、この決定により、国際収支問題が緊急に発生した場合に、加盟国がIMFの緊急融資に「継続的にアクセス」できるようになることも強調されました。

ツールには、低所得国が利用できる無利子のプログラムであるRapid Credit Facilityと、すべてのファンドメンバーが利用できるRapid FinancingInstrumentが含まれます。

助成金は、加盟国が緊急事態に対処するための政策を実施するのを助けるために、非常に迅速に支払われることができます。

月曜日、IMFは、世界で最も貧しい国々がコビッドを乗り切るのを助けることを目的としたプログラムの下で、5回目で最後の債務救済を承認したと述べた。

CopyrightAFP。 全著作権所有。

See also  規制当局は「ファントムブレーキング」の報告についてテスラを調査します

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Recent News

Editor's Pick