COP27に先立ち、世界的な抗議活動が気候変動補償を要求


でウォール街に入る ストリートインサイダー プレミアム. ここから 1 週間の無料トライアルを申請してください。


ケイト・アブネット

[ブリュッセル 23日 ロイター] – 若き活動家たちが金曜日に気候変動対策のために結集し、ニュージーランドと日本からドイツとコンゴ民主共和国に向けて抗議を行い、地球温暖化が貧しい人々に与えている損害を豊かな国が支払うよう要求した。

抗議活動は、COP27 として知られる今年の国連気候サミットの 6 週間前に行われます。COP27 では、脆弱な国々が、住宅、インフラストラクチャ、生活への気候関連の破壊に対する補償を求めることを計画しています。

デモは、若者の運動であるフライデーズ フォー フューチャーによって世界中の約 450 か所で計画されました。 これらは、国連総会でニューヨーク市で開催される世界の指導者たちの会合に合わせて開催されます。

「いつの日か、私の家が浸水するかもしれません」と、韓国のソウルで抗議活動をしている約 200 人の 1 人である 15 歳のパク・チェユンは言いました。 「危機感を持って生きているので、学校に行くよりも、政府に懸念を伝えて予防することが大事だと思う」

メタと名乗った抗議者は、インドネシアでも同様の懸念を抱いていた。

コンゴ民主共和国の首都キンシャサに集まった約 400 人の若い活動家は、「アフリカのために行動し、私たちの地球を守ろう」などのスローガンを唱え、「気候正義」や「気候 SOS」と書かれた段ボールの看板を掲げ、交通量の多い大通りの路肩を歩きました。 .

気候変動による被害の拡大と回復不能な被害により、発展途上国は、11 月にエジプトで開催される COP27 で取り上げられる「損失と損害」補償に対する要求を高めています。

これらの国々の指導者たちは、パキスタンの大部分を飲み込む致命的な洪水、モロッコとカナダを荒廃させる山火事、英国とインドでの記録的な熱波など、世界がすでに気候変動による災害に直面していることに注目しています。

「後発開発途上国は、気候変動の壊滅的な影響の矢面に立たされている」と、セネガルのアブドゥ・カリム・サル環境相は先週、ダカールでの会合で語った。

「基本的な優先事項は、それに対処するための新たな追加の資金を確保することです」と彼は言いました。

米国と 27 か国の EU は歴史的に、豊かな国に補償の支払いを要求することで、気候変動を引き起こした責任を負わせかねない措置に抵抗してきました。

シャルム エル シェイクでの COP27 会議は、昨年 11 月にグラスゴーで開催された COP26 サミットで結ばれたような画期的な合意をもたらすとは予想されていません。

しかし、多くの政府が急激なインフレを抑制し、ロシアのウクライナ侵攻によって引き起こされたエネルギー市場の混乱に対処しようと躍起になっているため、地政学的な背景が厳しいにもかかわらず、各国が気候変動対策に協力する意思があるかどうかのリトマス試験紙となるでしょう。

(ロイター各局による報道、ケイト・アブネットによる執筆、ケイティ・デイグルとアリソン・ウィリアムズによる編集)

See also  ワニの卵を集めるヘリコプターの下100フィートにぶら下がっている間に殺された「ニュースティーブアーウィン」

Related News

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Recent News

Editor's Pick