BCCIは、ランジトロフィー、CKナユドゥトロフィー、女性のT20リーグ2021-22を、Covid-19の症例数の増加により延期しました。

ニュース

「BCCIは、選手、サポートスタッフ、試合関係者、その他の関係者の安全を損なうことを望んでいません」とJayShah氏は言います。

BCCIは、インドでCovid-19の症例が増加しているため、2021年から22年のシーズンに向けて、次のランジトロフィー、25歳未満のCKナユドゥトロフィー、シニア女性のT20リーグを延期しました。 ランジトロフィーとCKナユドゥトロフィーは今月から始まる予定でしたが、女子リーグは2月下旬に始まる予定でした。

「BCCIは、選手、サポートスタッフ、試合関係者、その他の関係者の安全を損なうことを望まないため、追って通知があるまで3つのトーナメントを保留にすることにしました。BCCIは引き続き状況を評価し、電話をかけます。それに応じてトーナメントの開始時に」とBCCIの秘書ジェイ・シャーは火曜日のリリースで述べた。

「BCCIは、現在の2021-22年に11のトーナメントで700以上の試合を主催するために最善を尽くした医療従事者、州協会、選手、サポートスタッフ、試合関係者、およびすべてのサービスプロバイダーの努力に感謝し続けます。国内シーズン。」

取締役会会長のスーラヴ・ガングリーは、ランジトロフィーが「15日」遅れたことをESPNcricinfoに確認しました。 ガングリー自身は1週間前にCovid-19の検査で陽性であり、コルカタに数日間入院しました。

男子国内一流大会は、ムンバイ、バンガロール、コルカタ、アーメダバード、ティルヴァナンタプラム、チェンナイの6都市の複数の会場で1月13日に開始される予定でした。

しかし、1月3日、6人のベンガル人選手とそのアシスタントコーチがCovid-19の検査で陽性であったことが明らかになりました。 ムンバイのオールラウンダーであるシヴァム・デュベとチームのビデオアナリストも、チームがコルカタに向けて出発する前にテストで陽性を示し、トーナメントの近い将来にさらに疑問を投げかけました。

Covid-19の症例はここ数週間インドで増加しており、他の形態の制限の中で、いくつかの州が夜間外出禁止令を発表しています。 西ベンガルでは、火曜日の直近の1日の急増で、9,073件の新しいCovid-19症例、マハラシュトラ州18,466件(ムンバイからの10,860件を含む)、およびデリー5,481件が記録されました。

ランジトロフィーの延期により、プレミアファーストクラストーナメントの決勝戦は3月16日から20日に予定されており、IPLは通常4月の第1週までに開始されるため、難しい状況に置かれています。 ランジトロフィーを15日延期すると、一流のトーナメントが離陸するたびに、さらにクランチする可能性があります。

ランジトロフィーは、パンデミックにより2020-21年に85年の歴史の中で初めてキャンセルされた後、2シーズンで初めて開催されることになっていました。

シニア女子T20リーグは、2月28日にグワハティ、デラドゥン、ハリヤーナ、ラクナウ、プネ、ポンディシェリで開催される予定でした。

CKナユドゥトロフィーは、ランジトロフィーの翌日の1月14日に開始される予定でした。

See also  歴史的なゲイプライドジャージがオーストラリアでプレーヤーのボイコットを引き起こす-BBC

Related News

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Recent News

Editor's Pick