Appleが3兆ドルの市場価値を達成した最初の企業になる

Walmart、Disney、Netflix、Nike、Exxon Mobil、Coca-Cola、Comcast、Morgan Stanley、McDonald’s、AT&T、Goldman Sachs、Boeing、IBM、Fordを組み合わせます。

Appleはまだもっと価値があります。

1976年にカリフォルニアのガレージで始まったコンピュータ会社であるアップルは、現在3兆ドルの価値があります。 月曜日に株式が一時的に1株182.86ドルを上回った後、182.01ドルで取引を終えたとき、これは月曜日にこの数字に達した最初の上場企業になりました。

Appleの価値は、最近の上昇がどれほど速いかを考えると、さらに注目に値します。 2018年8月、Appleは1兆ドル相当のアメリカ企業としては初めてとなり、42年の歳月を費やしました。 それは2年後に2兆ドルを超えて急増しました。 その次の兆はわずか16ヶ月と15日かかりました。

そのような評価は、数年前には計り知れないものでした。 今では、まだ成長を続けており、その道のりに高いハードルがほとんどないように見える企業の巨人にとって、もう1つのマイルポストのようです。 もう1つのハイテク大手であるMicrosoftは、今年初めにAppleに続いて3兆ドルのクラブに入る可能性があります。

「私たちが始めたとき、私たちはそれが永遠に続く成功した会社になるだろうと思っていました。 しかし、これを実際に想像することはできません」と、1976年にスティーブジョブズと共にアップルを設立したエンジニアであるスティーブウォズニアックは述べています。

ほぼすべての基準で、3兆ドルの評価が目を見張るものがあります。 それは、世界のすべての暗号通貨の価値よりも価値があります。 これは、英国またはインドの国内総生産とほぼ同じです。 そして、それは約6つのJPモルガンチェース、最大のアメリカの銀行、または30のゼネラルエレクトリックに相当します。

S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスで評価を追跡しているアナリスト、ハワード・シルバーブラット氏によると、アップルは現在、S&P 500の総額の約7%を占めており、1984年のIBMの記録である6.4%を破っています。 アップルだけでも、全世界の株式市場の価値の約3.3パーセントだと彼は語った。

Appleの台頭の背後には、消費者への緊密なグリップ、特にそのビジネスと株式を支持している経済、そして莫大な現金の山を巧みに利用していることがあります。

Appleが2007年1月にiPhoneを発表したとき、同社は734億ドルの価値がありました。 15年後、すでに歴史上最も売れている製品の1つであるiPhoneは、目覚ましい成長を続けています。 9月までの1年間のiPhoneの売上高は1,920億ドルで、前年比でほぼ40%増加しました。

パンデミックはまた、人々が仕事、勉強、社交のためにそれらをより多く使用するにつれて、他のアップルデバイスの売り上げを急上昇させ、ますます不確実な世界経済の中でアップルの株の安全に逃げる投資家を送りました。

Appleの莫大な売上と広い利益率は、UPS、スターバックス、モルガンスタンレーのような会社を完全に購入するのに十分な大きさの現金の備蓄をAppleに提供しました。 9月末に、Appleは1900億ドルの現金と投資を報告しました。

「彼らは歴史上最高の現金自動預け払い機を作成しました」と、アップルを研究したニューヨーク大学の金融教授であるアスワス・ダモダランは言いました。

しかし、大規模な買収を行う代わりに、あるいは米国に複数の工場を建設するなどの野心的で高価なことを試みる代わりに、Appleは自社株を購入することで投資家に大部分の現金を還元することを決定しました。

Silverblatt氏の分析によると、過去10年間で、Appleは自社株の4,880億ドルを購入しました。 その支出の多くは、Appleが2017年の税法を使用して、海外で保有していた2,520億ドルの大部分を米国に戻した後に発生しました。 シルバーブラット氏によると、アップルは現在、単一の会計四半期における15の最大の株式買戻しのうち14を担当している。 「彼らはポスターチャイルドです」と彼は言いました。

Appleの広報担当者によると、同社は過去5年間で820億ドル以上を研究開発に費やし、毎年着実に投資を増やしており、従業員数は約154,000人、つまり5年以上前は38,000人でした。

アップルはまた、米国で最大の納税者です。 4月、同社は過去5年間で450億ドルの税金を支払ったと発表しました。

エコノミストは買い戻しに分かれています。 一部のエコノミストは、余剰現金を抱える企業はそのお金を株主に還元すべきだと言っています。 何十億ドルもの現金を使うよりも、経済にとってはるかに良いと彼らは言う。

「買い戻しがどういうわけかブラックホールに入っているというこの全体的な考えは神秘的です」とダモダラン氏は言いました。 「それは投資家に支払われる現金です。」

他のエコノミストは、買い戻しは主に企業の評価を高めるために設計されており、代わりにそのお金を事業への投資、賃金の引き上げ、さらには値下げに使用する必要があると述べています。

たとえば、Appleは数十億ドルを費やして自社株を購入し、低賃金の労働者を使って製品を組み立て、税金や関税を回避するために懸命に取り組み、デバイスの価格を継続的に引き上げてきました。

「Appleはそのお金を使ってあらゆる種類のことをすることができたはずです。 代わりに、彼らは株価を上げるためにそれを使用しています」と、1980年代から買い戻しの主要な批評家であるマサチューセッツ大学の経済学名誉教授であるウィリアム・ラゾニックは言いました。

ラゾニック氏は、買い戻しは投資家に買いを促し、他の投資家がその上昇に投資しようとするため、株式市場に勢いをつけることで株価を上昇させると述べた。

株式買戻しにより、購入可能な株式総数が減少します。 これにより、残りの各株式の価値が高まり、大規模な投資家や自動取引システムが株式を選択するために使用する方程式において、会社の基本的な基礎が改善されます。 その結果、株価は上昇します。

Lazonick氏にとって、3兆ドルの評価は、さまざまな要因の結果です。 「それがどれだけ推測であり、どれだけが操作であり、どれだけが革新であるかを知ることは不可能です」と彼は言いました。

ケレン・ブラウニング 貢献した報告。

See also  サディク・カーンに対するザック・ゴールドスミスの「過激主義」攻撃が間違っていた理由

Related News

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Recent News

Editor's Pick