2-1で勝利しビアンコネリが首位に浮上

1699735627
2023-11-11 19:03:01

トリノ

ユベントス なんとか2-1で勝利することができました カリアリ。 この勝利によりビアンコネリは首位に立った。 リーグ

日曜(12/11)早朝のWIB、セリエAの試合でユベントスはカリアリをアリアンツ・スタジアムで迎える。 0-0のスコアは前半が終了するまで変わらなかった。

休憩明け、ユベントスはフィリップ・コスティッチのデッドボールを起点にゴールを決めることができた。 60分にブレメル、70分にダニエレ・ルガーニがゴールを決めた。

カリライは75分にアルベルト・ドッセーナのゴールで点差を縮めることしかできなかった。 ユベントスが2-1で勝利した。

この勝利により、オールド・レディは29ポイントを獲得してランキングのトップに立った。 2位インテル・ミラノとは勝ち点1差となっている。 一方、カリアリは現在勝ち点9の17位に位置している。

試合の流れ

訪問チームは果敢に攻める姿勢を見せた。 ニコラス・ヴィオラにはルーズボールを利用するチャンスがあった。 しかし、彼のシュートはわずかに外れた。

25分、カリアリのコーナーキックでゴールが決まるところだった。 アルベルト・ドッセナがヘディングシュートを放ったが、枠を捉えられなかった。

ユベントスは前半終了間際にウェストン・マッケニーのシュートに応えようとした。 ボレーも枠を外れて結果が出なかった。

0-0のスコアが前半終了まで続いた。

休憩明け、ユベントスが試合の主導権を握った。 ビアンコネリは55分に絶好のチャンスを迎えた。

フィリップ・コスティッチがペナルティエリア内から強烈なシュートを放った。 シモーヌ・スクフェはそれでもシュートをかわすことに成功した。

フレデリコ・キエーザはその暴投を打とうとした。 キエーザのシュートはやはりカリアリのディフェンダーに当たってしまったため、ボールは枠を外れた。

ユベントスは60分、ついに均衡を破ることができた。 コスティッチの左サイドからのフリーキックをブレマーが頭で合わせた。 ブレマーのヘディングシュートはスカフェットのゴール右隅に突き刺さった。

コスティッチのデッドボールの実行は、再びユベントスの得点の主力となった。 今度はダニエレ・ルガーニが70分にコスティッチのコーナーキックをゴールにつなげた。

ユベントスはデッドボールだけに頼っているわけではなく、カリアリも同じことをしています。 ヤクブ・ヤンクトのコーナーキックをドッセナが頭で合わせ、75分にヴォイチェフ・シュチェスニーを破った。

積極的に攻撃をサポートし始めたドッセナは、ほぼ同点ゴールを決めた。 しかし、ヘディングシュートはシュチェスニーが見事にセーブした。

ユベントスは試合が終了するまで2-1のリードを維持することができた。

並ぶ

ユベントス:ヴォイチェフ・シュチェスニー; フレデリコ・ガッティ、グレイソン・ブレマー、ダニエレ・ルガーニ。 アンドレア・カンビアソ、ウェストン・マッケニー、マヌエル・ロカテッリ、ファビオ・ミレッティ、フィリップ・コスティック。 モイーズ・キーン、フェデリコ・キエーザ。

カリアリ:シモーヌ・スカフェ。 ガブリエレ・ザッパ、エドアルド・ゴルダーニガ、アルベルト・ドッセーナ、トンマーゾ・アウジェッロ。 アントワーヌ・マ工房、マッテオ・プラティ、ヤクブ・ジャンクト。 ニコラス・ヴィオラ。 アンドレア・ペターニャ、ジト・ルブンボ。

ビデオを見る “ユベントスがサン・シーロでミランに勝利

(プール/ミスタープ)

#21で勝利しビアンコネリが首位に浮上

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Recent News

Editor's Pick