16人のタシクマラヤ市の住民がDHF、大多数の子供たちで亡くなりました

タシクマラヤ、iNewsTasikmalaya.id 2022年の初め以来、タシクマラヤ市の16人もの住民がデング出血熱(DHF)のために亡くなりました。 過去6か月のタシクマラヤ市のDHF症例は1,021症例に達しています。

タシクマラヤ市保健局長のUusSupangatは、タシクマラヤ市でのDHFの症例は確かに増加したと述べた。 死亡した16例のうち、70%は子供でした。

「今年の初めから今まで、私たちのデング熱の症例数は1,021症例に達しました。 そのうち16人が死亡した」と語った。

彼によると、サントリ市と呼ばれるこの都市では、清潔で健康的なライフスタイル(PHBS)の重要性を無視している住民がまだ多いため、デング熱の症例が多いことが疑われています。

さらに、環境の清浄度と気象条件もタシクマラヤ市のデング熱症例の増加に貢献しました。

「デング熱の症例数が最も多い地域は、シペデス地区、次にタワンとインディヒアンです」と彼は言いました。

Uus氏によると、現在、医療施設で治療を受けているデング熱患者は13人います。 DHFは治癒する可能性がありますが、このDHFは、治療を迅速に行わないと死に至る可能性があります。

See also  あなたはより頻繁に蚊に刺されますか? これが原因である可能性があります

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Recent News

Editor's Pick