100%酸素を呼吸することは有害ですか?

ご存知のように、人間は生きるために酸素が必要です。 しかし、地球の大気は、約78パーセントの窒素、21パーセントの酸素、および水蒸気を含む微量の他の元素で構成されています。

それで、100パーセントの酸素を呼吸することがあなたにとって良いかどうか疑問に思ったことはありますか? 簡単な答えはそうではないということです。 純粋な酸素は実際には有害であり、時には有毒でさえあります。 その理由を理解するために、まず肺がどのように機能するかについていくつかの詳細を説明しましょう。

肺は、鼻と口から(気管から気管支、細気管支まで)分岐し、肺胞と呼ばれる小さな薄壁の気嚢で終わる長い一連のチューブで構成されています。

各肺胞の周囲には、肺毛細血管と呼ばれる小さな薄壁の血管があります。 毛細血管と肺胞の間には、さまざまなガス(酸素、二酸化炭素、窒素)が通過する薄い壁(厚さ約0.5ミクロン)があります。

吸入すると、肺胞が膨張して酸素を取り込みます。 酸素濃度は肺胞で高く、肺毛細血管に入る血液では低いため、酸素は空気から血液に拡散します。 同様に、二酸化炭素の濃度は、肺胞の空気よりも毛細血管に入る血液の方が高いため、二酸化炭素は血液から肺胞に移動します。 血液と肺胞の空気中の窒素濃度はほぼ同じです。 ガスは肺胞壁を横切って交換され、肺胞内の空気は酸素が枯渇し、二酸化炭素が豊富になります。 あなたが息を吐くとき、あなたはこの二酸化炭素が豊富で酸素の少ない空気を吐き出します。

See also  ヨーロッパの原子粉砕機はロシアの侵略に対する反応を熟考している

Related News

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Recent News

Editor's Pick