防衛産業の請負業者は選挙反対者のキャンペーンを資金調達した

ワシントンの監視グループCitizensfor Responsibility and Ethicsが月曜日に公表した報告によると、主要な防衛請負業者は、アリゾナ州またはペンシルベニア州での2020年大統領選挙の結果を証明しないことに投票した下院議員のキャンペーンに最も寛大な企業貢献者の1人でした。 。

報告書によると、防衛企業の政治行動委員会からの寄付は、2021年に数十人の選挙反対者の再選キャンペーン、共和党の上院および下院のキャンペーン委員会、およびリーダーシップPACに着実に流れました。 1月6日の国会議事堂での暴動。

暴動は、議員がアリゾナから大統領選挙人を遠ざけるかどうかを議論したとき、ドナルド・トランプ大統領による焼夷弾の演説に応えて行動した。 暴動の後、下院と上院は共和党の動議を再召集し、拒否した。下院では121-303、上院では6-93であった。 ペンシルベニア州の選挙人に反対するもう1組の投票は、下院で138-282票、上院で7-92票で却下されました。 賛成派はすべて共和党員でした。

それ以来、ボーイング社は他のどの企業よりも多く、共和党の選挙委員会や選挙反対派の選挙運動に346,500ドルを寄付していると報告書は述べている。

これとは別に、ボーイングは、4つの激戦州で2020年の選挙を覆すために訴訟を起こした州司法長官に貢献したとCREWは発見した。

See also  ICW:エディ・プラブウォのグラフト文を不条理に裁断する裁判所の理由

Related News

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Recent News

Editor's Pick