資金調達を求めるガーナ産カカオ

1699711263
2023-11-09 23:15:12

民間事業者が豆を購入するコートジボワールとは異なり、世界第2位の生産国であるガーナはカカオ部門を自由化していない。 しかし、この国が経験している経済危機は状況を変える可能性がある。

ココボッドは常に抵抗してきた。圧力にもかかわらず、ガーナのこの分野を規制する組織は、その組織で施行されている慣行に反して、豆の購入を管理し続けるためにあらゆる手段を講じてきた。 コートジボワールの隣人

紙の上では、プランターから購入し、破砕業者や輸出業者に再販しているのはココボッドです。 この金融機関は通常、銀行家や投資家のグループから、一当事者が得るよりも低い金利で借り入れを行っています。

融資を受けるのが難しくなる

融資交渉が完了すると、ココボッドはカカオを物理的に購入することはありませんが、承認されたバイヤー(ライセンス購入会社)にライセンスを付与し、その豆をココボッドの子会社で独占権を持つココア マーケティング カンパニー(CMC)に引き渡します。ガーナからのすべてのカカオ豆の輸出。 言い換えれば、組織は製品の目的に対する管理を維持しながら、豆の購入を委任します。

ここ 3 年間、ガーナの経済情勢は状況を変えてきました。 同国は債務再編に取り組んでおり、金融機関からの人気が低下している。 「カントリーリスク」が高まるにつれて借入条件は厳しくなり、今夏のココボッドと提携先との交渉は予想以上に複雑になった。

こちらもお読みください多国籍企業から敬遠されるココア

ガーナモデルの終わりに向けて?

ココボッドは通常の金融業者から、予想していた12億ドルのうち8億ドルしか得られなかったでしょう。 ブルームバーグ通信社からの情報によると、この組織は異例のことながら他所から借り入れを余儀なくされており、不足している4億ドルを前倒ししてもらうようカカオ取引大手に頼んだという。

カカオキャンペーンへの資金提供における「貿易業者」の関与は、コートジボワール流の自由化の始まりを告げる可能性がある、と専門家はコメントしている。 ココボッドはすでに昨年、これが公式に認められていなければ、トレーダーらに銀行融資の補完を求めざるを得なかっただろう。

ココボッド社は数年にわたり経営難に苦しんでおり、特に生産者から豆を集めた後にカカオ豆を供給するカカオの購入を承認された企業(LBC)への支払いに苦労している。

こちらも聞いてくださいカカオの苦い味 風じゃない

#資金調達を求めるガーナ産カカオ

Related News

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Recent News

Editor's Pick