西側はウラジーミル・プーチンを超えて考える必要がある

過去30年間に西側の手に渡ったソビエト後の国々の扱いは、NATOの拡大に封じ込める必要があったロシアの軍事力に対する、ソビエト後の空間全体の情報源としての深い不信によって決定づけられてきた。望まない移民、潜在的な腐敗の輸出者および国の補助金の乱用者としてのソビエト後の企業の。 その結果、15の旧ソビエト諸国のうち、ソ連に強制的に含まれ、文化的に完全に統合されたことのないバルト諸国だけが、西側にしっかりと組み込まれています。 ロシア、そして中央アジアでは中国も、他の人々を黄昏地帯にとどめています。 それらの中で最も自由なウクライナでさえ、流動的であり、地政学的なキャンプやバスケットに行き着く可能性のある遷移状態です。 このように、それらは常に不安定な原因です。経済、軍事、テロリストなど、あらゆる種類の脅威が発生する可能性のある、戦略的に配置された、資源が豊富な巨大な領域です。 それらすべての中で最大のものを実行し、国境を移動する軍事力を持っているプーチンは、この脅威の可能性を交渉のチップに変えようとしています。 これまでのところ、彼は西洋、特に米国の指導者に注意を向けさせることに成功しています。

See also  Secretlab TITAN Evo SoftWeave Cookies&Creamのレビュー

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Recent News

Editor's Pick