英国の学校支援スタッフの 3 分の 1 以上が、生徒の食費を支援しています – 調査 | 教育

組合の調査によると、学校の支援スタッフは、食料、文房具、困窮している生徒の制服を賄うために自分のポケットに手を入れ、食事を抜いたり、複数の仕事をして自分の請求書を支払ったりしています。

Unison の世論調査では、教育助手 (TA)、ケータリングと清掃の労働者、図書館員、スポーツ コーチなど、この分野で最も低賃金の労働者の 1 人であるが、自分たちの生活費を支払うのに苦労しているが、それでも生徒を支援するために力を入れていることが明らかになりました。

英国全体の調査に回答した 6,700 人の回答者のほぼ全員 (98%) が、急増する生活費を自分の給料でカバーできないのではないかと心配していると答えましたが、3 分の 1 以上 (35%) が、生徒の食費やランチパックの支払いを手伝ったと答えました。

5 人に 1 人以上 (23%) が自分のお金を使って生徒の本、ペン、鉛筆を購入しており、30% は学校の制服の費用で苦労している家庭を支援しています。

学校の支援スタッフの 8 人に 1 人は、過去 1 年間にフードバンクを使用する必要があり、再びフードバンクに頼る必要があるか、家族に助けを求めています。 4 分の 1 以上が、生計を立てるために 2 番目または 3 番目の仕事に就いています。これには、セキュリティ、スーパーマーケット、配達ドライバー、接客業、美容、授業料、掃除、介護などの仕事が含まれます。

ユニソン氏によると、ほぼ半数が、現在の給与では生活が成り立たないため、他の場所 (多くの場合小売業) でより高給の仕事を積極的に探していると述べています。 現在、募集ウェブサイトでは、ロンドンで 1 日約 80 ~ 100 ポンドで TA の求人を宣伝しています。

調査に参加した人の 5 人に 2 人以上が、過去 1 年間に家計を助けるためにお金を借りていました。 他の人は、追加の毛布を購入する (55%)、単一の部屋を暖房する (31%)、または健康上の理由で必要なのに暖房をまったく使用しない (30%) ことによって、請求書を抑えようとしました。 一方、8% は公共スペースを利用して暖を保ち、自分の暖房の使用を避けていました。

この調査では、特別な教育を必要とする子供たちを支援し、20 年以上学校で働いてきたジェフ (本名ではない) のケースを含む、多くのケースが強​​調されています。

彼は次のように述べています。 暖房をつける余裕がない。 代わりに、1 時間 1 セントの電気毛布を買って体を温めました。 教育と生徒への愛情を除けば、この仕事をするインセンティブはありません。」

スー(本名ではありません)は10年間ティーチングアシスタントをしており、この分野をやめることを考えています。 「3歳の子供がいて、養育費に困っています。 私たちは家を買おうとしているので両親と住んでいますが、より高い支払いをする余裕がなかったため、住宅ローンの申し出は撤回されました. 別の仕事に就くか、完全に仕事を辞めることを考えています。」

Unison の教育責任者である Mike Short 氏は、次のように述べています。 それは彼らの寛大さと献身性について多くを物語っていますが、これほどまでになるべきではありませんでした. 政府は頭を下げて恥をかくべきだ。」

調査は 10 月 20 日から 11 月 1 日まで実施され、小学校 (59%) で働く職員からの回答が最も多く、中等学校 (24%)、特殊学校 (11%)、保育園 (5%)、保育所 (5%) の順でした。生徒紹介単位 (1%)。

教育省のスポークスパーソンは、次のように述べています。

「給与に関する決定は個々の学校に委ねられていますが、学長の秋の声明のおかげで、主要な学校の予算は今後 2 年間で毎年 20 億ポンド増加します。 財政研究所はすでに、この上昇により、学校支出が実質ベースで少なくとも 2010 年の水準に戻ることを強調しており、これは史上最高の支出年であり、実質ベースでこれまで以上に学校に投資することを意味します。」

See also  原子力発電はゲームに戻ってきましたが、英国にとっては遠い見通しです。 エネルギー産業

Related News

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Recent News

Editor's Pick