肺がんの生存率は上昇したが、データは人種間の不平等を示している

米国肺協会が火曜日に発表した2023年「肺がんの現状」報告書によると、肺がんの生存率は過去5年間で上昇したが、黒人コミュニティとラテン系コミュニティの間では依然として深刻な格差が残っている。

この報告書は、依然として米国のがん関連死亡の主な原因である肺がんのスクリーニングについて、より適切なメッセージを伝える必要性を強調している。 この病気は以上のものを主張します 毎年12万人の命アメリカ癌協会によるとその理由の一部は、がんの治療がより困難になる後期段階で診断されることが多いためです。

報告書の著者で米国肺協会の疫学・統計・研究担当シニアディレクターであるザック・ジャンプ氏は、肺がんの全国生存率は過去5年間で21.7%から26.6%へと5%ポイント以上上昇したと述べた。

免疫システムを強化してがん細胞を攻撃する治療法、として知られています。 標的免疫療法専門家らによると、全体的な改善に貢献したという。 その他の要因には、肺がん検診へのアクセスの向上、疾患に対する認識の向上、肺がんについて医療提供者と話し合う患者の意欲の増加などが含まれます。

この病気を取り巻く偏見は、歴史的に貧弱な治療選択肢とともに、長い間、後期診断の主な原因の 1 つでした。

「人々はこれが死刑宣告だと思い込んでいたので、ある意味否定していました」とジャンプさんは語った。

しかし、全国的な数字は、州および地域社会レベルでの診断と転帰の格差を曖昧にしています。 報告書によると、ユタ州の新規肺がん罹患率は全米で最も低く、ケンタッキー州が最も高い。 専門家らは、最大の要因の一つは喫煙率だと考えている。

赤血球の州政治がいかにアメリカ人の命を何年も削っているか

そして、有色人種のコミュニティと白人のコミュニティを比較すると、黒人の生存率が 16 パーセント低く、ラテンアメリカ人の生存率が 9 パーセント低いことがデータによって示されています。 アジア人の生存率は白人と比較して14パーセント高かったが、アメリカインディアンとアラスカ先住民の生存率は白人とほぼ同じであった。

課題の 1 つは、肺がんの検診率が依然として低いことです。 他の多くの臓器とは異なり、肺組織には痛みを感じる受容体があまりないため、病気が肺の内層またはその外に広がるまで、患者は何も感じないことがあります。 しかし、毎年低線量CTスキャンを実施すれば、まだ初期段階の病気を発見できる可能性があります。

2021年、米国予防サービス特別委員会(予防医療の有効性を評価する独立した専門家委員会)は、スクリーニングを開始する推奨年齢を55歳から50歳に引き下げた。この改定により、該当する人の数も増加した。肺がんの高リスクカテゴリー。 しかし報告書によると、高リスクの人のうち検査を受けられたのはわずか4.5%だった。

健康保険の適用が検診率の低さの原因の一つである可能性があります。 メディケイドは肺がん検診をカバーする義務はないため、保険会社からの事前承認や自己負担金などのハードルが、検査を受けようとする人々を思いとどまらせている可能性があるとがん協会の報告書は述べた。

さらに数百万人の喫煙者が肺がんの検査を受けるべきだと団体が主張

喫煙は依然として肺がんの最大の危険因子ですが、非喫煙者の割合は増加しています。 他の要因としては、ラドン、大気汚染、副流煙などがあります。

「これは有色人種だけの病気ではなく、非喫煙者の若い女性の病気にもなりつつある」とメイヨークリニック総合がんセンターの介入呼吸器科医ジャナニ・ライゼナウアー氏は言う。

ライゼナウアー教授は、乳がんなどの他のがんとは異なり、肺がんに対する公衆衛生上の意識やメッセージはそれほど普及していないと付け加えた。

「肺がんについては、喫煙者の病気であるという固定観念が常にあるため、肺がんに対する消極的な側面もあります。そのため、公的メッセージの一部を変える必要があると思います」とライゼナウアー教授は語った。

1699969412
#肺がんの生存率は上昇したがデータは人種間の不平等を示している
2023-11-14 13:35:43

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Recent News

Editor's Pick