米国が支援するシリア軍がイスラム国グループからラッカを奪還

米国が支援するシリア民主軍は火曜日、イスラム国の過激派からラッカ市を占領したと発表した。

「すべてがラッカで終了し、私たちの軍隊がラッカを完全に支配しました」と自衛隊のスポークスマン、タラル・セロはAFPに語った。 セロ氏は、残っている眠っている細胞を取り除き、市内の地雷を取り除くための作戦が完了した後、正式な宣言が発表されるだろうと付け加えた。

この動きは、ラッカを自己宣言したカリフ制の事実上の首都と見なしたイスラム国にとって大きな後退です。 それはISISを打ち負かすための世界的な努力の3周年になります。

ラッカは、反乱軍に占領された後、2013年3月に政府の支配から外れた最初の州都でした。 軍には、シリアの野党グループと、アルヌスラやイスラム国を含むより強硬な政党の両方が含まれていました。

市内に設立された文民政府は2か月後に分裂し、1年も経たないうちに、ISISはラッカを奪還し、カリフ制の首都に指名しました。

シリア人権ネットワークによると、5か月の作戦開始以来、約900人の民間人が殺害され、そのうち570人が連立空襲を受けた。 英国に本拠を置くシリア人権監視団は、民間人の死者を1,130人にした。 アメリカ人ジャーナリストのジェームズ・フォーリーは、街の南の山で頭を下げられました。

ロイター通信によると、自衛隊の戦闘機は、市のスタジアム近くにある市の国立病院からイスラム国の黒い旗を降ろした。

ISISブレットマクガークを倒すための世界連合の特使は8月に、米国はラッカで「安定化」を実行しようとすると述べました。 、水、人口が彼らの家に戻ることを可能にするための基本的な必需品。」

作戦中に4月以来ラッカから逃げてきた30万人の民間人がいつ帰国できるかは明らかではない。

See also  英国の民家で爆発、4歳の少女死亡

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Recent News

Editor's Pick