牛肉の輸出に余剰がある農民

ボリビア畜産連盟のアドリアン・カステド会長は、トリニダードで家畜部門に年間5万トンの輸出余剰があると保証している。

「ボリビアの畜産部門は年間35万トンを生産し、国内市場は28万トンを消費しているので、5万トンの余剰がある」と彼は述べた。

昨年は約18,000トンが輸出されたため、輸出を継続する余地は大きいとのこと。

リーダーは、ベニは大規模生産のための牛の数の点で超住民であるため、重要なインセンティブになるとコメントしました。

「ベニはたくさんの牛を生産しており、その大部分は国の他の部門に行きますが、輸出する余剰があります。 次に、明確なシグナルが与えられ、輸出が継続し、それらが増加することが重要です」と彼は言いました。

しかし、彼らは、国がその牛の群れを3倍にする能力を持っていることを考慮して、成長するための十分な保証を国の当局に求めています。

この意味で、牧場主が成長を経験すれば、肉の輸出からより多くの仕事と外国為替が生み出されるでしょう。

Castedoによると、現在の主な市場は中国で90%であり、ペルーとエクアドルがそれに続く。 ロシアなどの市場はまだ発展していません。

「ボリビアの肉に興味を持っている人はたくさんいます。サウジアラビア、日本、チリがあります。 多くの予測があり、それは私たちが全国農業保健食品安全サービス(SENASAG)に市場を開放し続けるために行う呼びかけです」と彼は言いました。

冷蔵庫に関しては、かなりの数があり、肉のマキラドーラもそれほど複雑ではないことを彼は保証しました。 十分な設備容量があると彼は付け加えた。

See also  「ドラッグできない」タンパク質の表面に隠された脆弱性の特定は、病気の治療を変える可能性があります--

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Recent News

Editor's Pick