爆発はロシアの支援を受けた軍隊によって保持されたウクライナの捕虜を殺します

ウクライナ、キーウ—木曜日の夜、ウクライナ東部のロシアが保有する領土の拘留キャンプで爆発が発生し、多数のウクライナ人捕虜が死亡したと、ウクライナとロシアの当局は攻撃を互いに非難した。

ウクライナの将軍は、ロシア軍が支配する領土にあるウクライナ東部のドネツク地域の町、オレニフカの施設を攻撃し、「そこで犯された囚人と処刑の拷問を隠すために」ウクライナの囚人を殺害したとしてロシアを非難した。 参謀総長は声明のなかで、ウクライナの軍隊はその夜、オレニフカ地域でロケット弾や砲撃を開始しておらず、ロシア軍の標的に対してのみヒマールなどの高精度の西洋兵器を使用していると述べた。

See also  国立公園での攻撃:-ハイイログマに殺された家族の父親

Related News

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Recent News

Editor's Pick