毒物学研究は、人間の健康と幸福を維持するための鍵です

©ヴァレリー・クロモフ

TechVision の化学物質および先端材料の研究ディレクターである Aarthi JanakiRaman は、毒物学研究が人間の健康と幸福を維持するための鍵であると主張しています。

健康とウェルネスは、世界中で注目されている重要な分野であり、環境汚染や汚染の問題に直面するにつれて勢いを増しています。 生態系に悪影響を与えるだけでなく、多くの経済にとって依然として大きな課題である食料安全保障にも影響を与えます。 多くの是正努力とイニシアチブにもかかわらず、環境汚染は依然として人間、動物、および私たちの生きている生態系の他の部分に影響を与える主要な懸念の原因です.

あらゆる種類の汚染物質の中で、化学汚染は人間の健康への影響が深刻であるため、懸念の主な原因です。 空気、水、土壌を介して伝染する可能性があり、人間の健康に深刻な懸念を引き起こします。

毒物学研究は、公衆衛生ミッションの必要性として長い間確立されてきました

WHO の統計によると、人口の 95% 以上が、推奨レベルを超える汚染物質で満たされた空気を呼吸しており、肺/呼吸器障害および死亡の主な原因となっています。 同様に、土壌中の化学的毒性に長期間さらされると、生態系のバランスが崩れ、食物の栄養価に影響を与え、さまざまな病気や障害を引き起こします。 人間の健康への影響とは別に、化学物質の毒性は、食品、水、空気の関係にも悪影響を及ぼし、環境、人間、動物に同様に損害を与えます. したがって、化学物質の毒性を追跡、追跡、監視、修復することが不可欠です。

真の影響を評価し、ガイドラインを作成し、予防および是正措置を制定するには、化学物質の毒性と日常生活における人々への曝露に関する継続的な研究が必要です。 ほとんどの化学物質は、許容レベル以下であれば有害ではないと見なすことができますが、一定の暴露が健康と幸福に有害な影響を与える可能性があります. 地域を超えて実装できるガイドラインとプロトコルを使用して、継続的なリスク評価モデルを制定することが重要です。

ほとんどの国には、化学物質の毒性を追跡するための独自のバージョンのリスク評価プロセスとプロトコルがあります。 ただし、研究、監視、保守という 3 つの主要な要素は不変です。 化学毒物学の研究が後回しになるのに対し、監視、評価、および維持は、より多くの焦点と重要性を得ることがよくあります。 しかし、化学毒性の影響を分析および評価するための継続的な毒物学研究の重要性は否定できません。

効果的な毒物学研究プログラムを構築するには、さまざまな要素が必要です

多くの場合、毒物学研究は、疫学研究、公衆衛生調査、ヒト/動物曝露研究に焦点を当てており、特定の事例を対象とした in vivo 研究が予定されています。 過去 5 年間で化学毒性の種類が劇的に増加したことを考えると、研究ツールとプログラムの継続的な更新の必要性を強化する必要があります。

化学汚染物質と生物学的汚染物質の間の境界線が曖昧であるため、ゲノム、代謝、オミクス研究、インシリコ研究、およびバイオアッセイや微生物検出方法に限定されないその他の生物学的検出手段が必要になっています。 負のビークルコントロールとキャリアへの曝露を分析および制御するために、動物とヒトの曝露の間の関連性を研究することも重要です。

動物毒性研究は、多くの場合、個々の化学毒性に限定されており、ヒトを対象とした特定の慢性影響を見逃す可能性があります。 データポイントの類似性により、プロアクティブな制御を支援し、人間の研究の出発点として機能できるため、コストを最小限に抑え、時間を節約できます。 また、動物とヒトに共通する特定の遺伝子マーカーを否定するのにも役立ち、化学的神経毒性、免疫毒性、がんバイオアッセイ、その他の初期結果に基づく薬物動態研究などの特定の領域を拡大するのに役立ち、並行して人間の疫学研究を実施することもできます。

化学毒物学研究は、もはや機構毒性学だけに限定されるものではなく、トランスレーショナルおよび臨床毒物学研究、開発研究、および生殖毒性、代謝毒物学、in vitro 遺伝毒性学などの特定の毒物学分野にまで拡大しています。 これは主に、生物学的、化学的、生化学的および環境的要因を考慮に入れた包括的なリスク評価および緩和プログラムを提供および開発することです。

毒物学研究が公衆衛生システムにおいて重要な役割を果たしていることは明らかです

多くの場合、それは特定のドメインに限定されているため、さまざまな人口統計に対する戦略を考案することが困難になります。 したがって、実験室および実証研究を対象とするだけでなく、安全性評価プロトコルの開発と改訂のためのインプットを追加し、規制ガイダンスを提供できる学際的な研究活動が必要です。

グローバルなアプローチは、公衆衛生の調和に役立つ規制政策、国際基準、およびガイドラインの策定に役立ちます。 これを達成するには、学界、業界団体、非営利機関、産業界の利害関係者などの利害関係者の間で協力して、世界規模で研究活動を調和させ、世界の人々の健康と福祉を確保する必要があります。

編集者 おすすめされた 記事

See also  ハンチントン病に関連するニューロンの「ハウスキーピング」欠陥

Related News

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Recent News

Editor's Pick