最近の試合レポート – オーストラリア vs インド 2nd T20I 2022

投げ捨てる インド 対ボウリングを選択 オーストラリア

インドは、トスに勝ち、ナグプールで大幅に削減されたT20インターナショナルでボウリングを選択したときに、大きなアドバンテージを得ました。 その気持ちに加えて、2 か月以上ぶりにクリケットの試合に出場する Jasprit Bumrah が戻ってきました。
最近わずかに体調を崩していたブブネシュワル・クマールは、試合がわずか8オーバーにカットされた犠牲者となった. 雨で短縮された試合は、多くの場合、打率の高いチームに有利になるため、インドはリシャブ パンツで試合を強化しました。
オーストラリアは逆に進み、打者のジョシュ・イングリスをボウラーのショーン・アボットに任せました。 彼らは 3 試合シリーズを 1-0 でリードしています。
今週初めに高得点の状況で非常に落ち着きを見せたネイサン・エリスもチームから抜け出し、左腕の攻撃角度を提供するダニエル・サムズに取って代わられた。

火曜日に T20Is の間の 3 年間の干ばつを破ったインドの Umesh Yadav もベンチに追いやられました。

ナグプールでの一晩の雨で外野は浸水し、試合当日は完全に晴れていたものの、グラウンドスタッフが準備をしている間、プレーは 2 時間半延期されなければなりませんでした。

主審の Nitin Menon と KN Ananthapadmanabhan の主な懸念事項は、足元が崩れて怪我の可能性が生じたミッドオンの広いエリアでした。 午後8時50分(IST)に最終的にプレーを許可する決定を下したときでさえ、彼らは「条件は完璧ではありませんが、プレーするのは安全です」と言ってそうしました。

ゲームの改訂された規定によると、ボウラーは 2 オーバーを超えてボウリングすることはできません。これは、各イニングのパワープレーの長さでもあります。

オーストラリア: 1 アーロン フィンチ (主将)、2 キャメロン グリーン、3 スティーブン スミス、4 グレン マクスウェル、5 ティム デビッド、6 マシュー ウェイド (wk)、7 パット カミンズ、8 ダニエル サムズ、9 ショーン アボット、10 アダム ザンパ、11 ジョシュ ヘイズルウッド

インド:1 Rohit Sharma (capt), 2 KL Rahul, 3 Virat Kohli, 4 Suryakumar Yadav, 5 Rishabh Pant (wk), 6 Hardik Pandya, 7 Dinesh Karthik, 8 Axar Patel, 9 Harshal Patel, 10 Jasprit Bumrah, 11 Yuzvendra Chahal

See also  ユナイテッドがハンドボールの判定でソシエダに敗れる

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Recent News

Editor's Pick