新しいドキュメンタリーが「右のクジラの最後」に光を当てる

2017年にタイセイヨウセミクジラを襲った悲劇がなかったとしたら、この地域で最も絶滅の危機に瀕している種の1つの窮状を取り上げた新しいドキュメンタリーは作成されなかったでしょう。

最後の右クジラ 北大西洋のセミクジラの研究と救助に取り組んでいるカナダと米国の何人かの個人の話をします。

トロントを拠点とする映画の監督であるナディーン・ペケネザは、1年間でクジラの死亡数が増加しているというニュースが出る前は、動物が危険にさらされていることにさえ気づいていなかったと述べました。

「それは次々と起こった。最初は死因が報告されておらず、剖検を行わなければならなかったので、それは本当に私の注意を引いた」とペケネザは言った。

この種は長い間衰退してきましたが、2017年にカナダの海域で12頭を含む17頭のクジラが死んでいるのが発見されたとき、状況は劇的に変化しました。

それ以来、カナダと米国の海域でさらに17頭のクジラが死亡し、合計34頭が死亡しています。

「実際にこれらの死を引き起こしているのは船のストライキと絡み合いであり、それらは予防可能であることが判明したとき、私は実際にそれをさらに調べ始め、それからこの種がその歴史を通して持っていた信じられないほどの闘争の全歴史を見ました人間との接触」と述べた。

生産への課税

ドキュメンタリーのクルーは、映画を撮影するために多くのハードルを克服しなければなりませんでした。

人生の他の多くのことと同様に、この努力はCOVID-19のパンデミックの影響を受けました。このパンデミックは、映画を撮影できる時期と乗組員の数を制限していました。

映画の監督であるナディーン・ペケネザは、ドキュメンタリーを作るために乗組員はいくつかのハードルをクリアしなければならなかったと言いました。 (ダン・アブラモビッチ写真)

しかし、それ以前でも、映画製作者は撮影を開始するためにいくつかの条件を満たす必要がありました。

フロリダキーズからセントローレンス湾までのさまざまな場所での撮影が必要だったため、チームは2つの政府からの承認が必要でした。

「クジラに利益をもたらす方法でこれを行っていることをDFOに示さなければなりませんでした」とPequenezaは言いました。

厳しい状況

そしてもちろん、北大西洋でクジラを撮影するのは難しいです。

「特に北大西洋は非常に荒れている可能性があり、特に空中ドローンを使用している場合は、撮影するために穏やかな水が必要です」とPequeneza氏は述べています。

海での撮影の難しさは、クジラからの距離を保つ必要性によって悪化します。

カナダの野生生物写真家ニックホーキンスは、このリモートコントロール車両を使用して映像を間近で撮影しました。 (最後の右クジラ)

Pequenezaは、映画の人間の主題の1つである、カナダの野生生物写真家Nick Hawkinsが、ドキュメンタリーで取り上げられた印象的な映像の多くを手に入れるのに役立ったと述べました。

「ニックは、カメラをクジラに近づけるために独自の遠隔操作無人探査機を構築しました。これは、映画全体を通して私たちがたどる非常に興味深いストーリーです」とPequeneza氏は述べています。

「見るのが難しい」

この映画には、クジラ愛好家の邪魔になるシーンがたくさん含まれています。

これには、釣りロープに絡まったクジラ、激しくスラッシングして苦しんでいるクジラ、科学者がそれぞれがどのように死んだかを明らかにしようとするクジラの剖検の映像が含まれます。

Pequenezaは、シーンを撮影するのは難しく、感情的だと述べました。

「見るのは難しいし、観客にとっても難しいだろうと私は知っている」とペケネザは語った。

「私は聴衆をオフにするためにそれを言いません。彼らはこれらのものを見なければなりません。」

この映画は、1月23日と26日にセントジョン、モンクトン、ミラミチの劇場で上映されます。

1月23日にモンクトンで上映されるのは、映画製作者や科学者との質疑応答も含まれます。

このドキュメンタリーは、この秋にCBCTVでも放映されます。

See also  天の川はいくつかの異なる段階で進化しました、新しい研究は示唆しています

Related News

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Recent News

Editor's Pick