数週間続くことによるNHSへの圧力の高まり– Johnson

NHSに対する「かなりの」圧力は、今後数週間続く可能性が高いと、Boris Johnsonは警告しました。これは、スタッフの不足が国の病院の標準治療を脅かしているためです。

首相は、「NHSの面倒を見ることができるようにする」ことを約束した。

彼は「オミクロンが国中を急増し続けていることに疑問の余地はない」と警告し、次のように付け加えた。数週間、そして多分それ以上。」

ジョンソン氏は、NHSスタッフが受けているプレッシャーに感謝し、ワクチン接種を受けて計画Bの措置に従うことにより、「パンデミックを封じ込めようとすることで彼らを確実に支援することが重要である」と述べた。

そして彼は、「このことは今や叫びを禁じていると言うのは絶対に愚かだ」と警告した。

オミクロンの亜種の蔓延を食い止めるために、英国政府は、英国の中等学校の生徒が教室で再びマスクを着用するように求められると発表しました。

ジョンソン氏は、このアイデアには満足していなかったが、それは必要なステップだったと述べた。

彼は次のように述べています。「フェイスマスクに透過性を含めることができるという考えに対する科学的支持が増えています。

画像:PA

「私たちはそれらを保持したくありません。 教室にフェイスマスクを置くというアイデアは、他の誰よりも好きではありませんが、必要以上に1日は保管しません。」

以前、教育大臣のナディム・ザハウィは、コビッドのために学校の職員が仕事を休んでいる人の数が危機的なレベルに達した場合、クラスを統合するか、子供たちのグループを家に送ることを検討するようにヘッドティーチャーに言ったことを確認しました。

彼は、メンタルヘルスの影響のために、子供たちをできるだけ教室にとどめ、学校を開いたままにしておくことが重要であると述べました。

エセックスのサフロンウォルデンカウンティ高校のエグゼクティブヘッドであり、サフランアカデミートラストのリーダーであるキャロラインダービーシャーは、PAの通信社に、クラスの統合の実践はすでに「全学期の最後の学期」に学校によって実施されていたと語ったが、長期的な解決策」。

彼女は、スタッフの不足は「絶対に」遠隔教育の可能性を高めるだろうと述べ、「大きな学校でスタッフが欠席している特定のポイントに達した場合、おそらく10人のスタッフが休んでいることを話している」と付け加えた。

しかし、ザハウィ氏はスカイニュースに次のように語った。「優先事項は学校を開いたままにすることです。」

Zahawi氏は、次のように述べています。「テスト、私たちが実施している人員配置のサポート、そしてもちろん、換気は今年の学校に大きな違いをもたらすでしょう。

「最も重要なことは、それらを開いたままにすることです。

「私たちはスタッフの欠席を監視しています。昨年は約8%で稼働していると言いました。

「それがさらに上昇した場合、クラスを統合したり、より多くの数で教えたりすることなどを検討します。」

Zahawi氏は、「もちろん、教室でマスクを付けたまま教育を提供することはより困難である」と認めました。

しかし、彼は次のように述べています。「これはエアロゾル感染ウイルスであり、マスクを着用している場合、無症候性である場合、他の人に感染する可能性は低くなります。」

彼はまた、ジョンソン氏が現在のアドバイスに固執することを提案した一方で、計画Bのガイダンスが水曜日にレビューされるとき、データは現在コロナウイルス対策の延長をサポートしていないと述べた。

ジョンソン氏は、さらなる制限に抵抗することでNHSにさらなる負担をかけるリスクがあるかどうか尋ねられました。

彼は、すべての措置は検討され続けるだろうと述べたが、彼は次のように述べた。

「私たちはすべてをレビューし続けます。

「私たちが現在行っていることの混合は、私が思うに、正しいものだと思います。

「第1に、プランBを続行し、人々がそれを真剣に受け止め、拡散を阻止するためにできることを実行し、プランBの対策を使用し、可能であれば自宅で仕事をし、公共交通機関でマスクを着用するようにします。外出する前にテストして、普段は会わない人に会い、プランBの要件について考えてください。また、後押しも受けてください。」

See also  男が滝に落ちた後の救助活動-NRKノードランド

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Recent News

Editor's Pick