憎しみの促進で起訴されたオタワの男

これはオンタリオ州司法長官の承認が必要な料金であり、6月13日でした。

記事の内容

オタワ警察サービスのヘイトクライムおよびバイアス犯罪ユニットは、オタワの西端に表示された一連の反ユダヤ主義のポスターに関連して、オタワの男性を故意に憎悪を助長した罪で起訴しました。

懲役2年以内の意図的な憎悪の促進は、オンタリオ州司法長官の承認が必要な罪です。

承認は6月13日に行われ、警察はその後、29歳のPaulKoppeを故意に憎悪を助長したとして起訴しました。

昨年末、市の西端にある公共スペースに反ユダヤ主義のポスターが貼られた後、12月にコッペは26件の憎悪を動機としたいたずらで起訴された。

See also  薬を組み合わせると天井を破るのに役立つかもしれません

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Recent News

Editor's Pick