悪夢のような苦痛に苦しむ青少年で観察される自殺のリスクの高さ

悪夢を経験することは、特に一般的な思春期の人口の間で一般的な現象です. さまざまな結果が悪夢に結び付けられており、メンタルヘルスに深刻な影響を与え、自殺のリスクを高めることさえあります.

この経験は、不快感、恐ろしい、または不安な夢として特徴付けられており、激しい過敏性を引き起こし、睡眠の中断につながる可能性があります. 個人が経験する悪夢の有病率が増加するにつれて、不眠症、日中の眠気、不安および抑うつ症状、心的外傷後ストレス障害 (PTSD)、行動上の問題、および心理社会的機能障害に対する脆弱性も増加します。

大うつ病性障害 (MDD)、双極性障害、または統合失調症の成人は、一般集団よりも頻繁にこの不快な夢の状態に遭遇することが以前の証拠で示されていますが、MDD の青年に関しては証拠が不足しています。

青少年の不眠症、悪夢、うつ病

Shuang-Jiang Zhouを含む調査員。 Jing-Xu Chen、北京 HuiLongGuan 病院、北京大学 HuiLongGuan 臨床医学部は、大うつ病性障害の青年における悪夢の有病率に関する文献のギャップを修正することを目的としました。 チームは、2021 年 1 月から 10 月にかけて、中国の 4 つの大きな精神科病院の外来センターで大規模な横断的調査を実施しました。

参加した個人は、うつ病エピソードの時点で治療を受けていなかった、DSM-IVによる大うつ病性障害の診断を受けた12〜18歳の年齢でした. 重大な身体疾患、別の精神疾患、薬物乱用または依存症を患っている人、妊娠していた人、または先月電気けいれん療法による治療を受けた人は除外されました。 健康な対照群は、精神疾患の個人歴または家族歴がなく、性別と年齢が一致していました。

分析尺度は、不眠症、日中の眠気、悪夢の頻度、悪夢の苦痛、うつ病の重症度、不安の重症度、および自殺リスクで構成されていました。

悪夢と自殺リスクの関係

調査結果は、うつ病のグループは、対照グループと比較して、不眠症と自殺のリスクの割合が高く、悪夢の頻度が高いことを明らかにしました.

うつ病の青少年のうち、67.5% が前月に悪夢を経験しましたが、対照群では 28.7% でした。 週ベースで、対照群の割合は 6% でしたが、うつ病の青年の割合は 28.7% でした。 関係の両方のセットは、統計的に有意であると見なされました。

自殺リスクと悪夢の頻度との間に統計的に有意な関連性が確認されました。 うつ病のグループの 38.1% に自殺のリスクがあり、そのサブポピュレーションの 51.6% は、自殺のリスクのないグループよりも有意に高い悪夢を頻繁に見ました。

研究者はまた、自殺のリスクは、最初に経験した若者と比較して、再発したうつ病エピソードの若者の方が高いことも観察しました. 自殺のリスクがある人 (54.7%) の深刻な悪夢の苦痛は、自殺のリスクがない人 (24.3%) と比較して顕著でした。

「結論として、大規模な臨床集団を含む現在の研究は、悪夢が思春期のMDD患者に頻繁に見られるという証拠を提供しています」と研究者は書いています。

「さらに、この研究の結果は、悪夢の苦痛が自殺のリスクの増加と独立して関連していることを示しています。悪夢は潜在的に修正可能であり、心理療法の臨床的有効性は十分に文書化されているため、悪夢関連の苦痛に対処することを目的とした介入プログラムは、MDDの青年の自殺を防ぐ上で重要な役割を果たす可能性があります.

「大うつ病性障害の青年における自殺の危険因子としての悪夢のような苦痛」という研究が、 睡眠の自然と科学.

See also  特定された子供における深刻なCovid-19合併症を治療する可能性のある薬

Related News

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Recent News

Editor's Pick