専門家: – 絶望、混沌、混乱

ドネツクとルハーンシクを含むウクライナのロシア占領地域で、今後数日以内に国民投票が行われる。 ロシアの専門家フレミング・スプリズボール・ハンセン氏によると、ロシアのメディアは現在、国民投票に関連した混乱と混乱を報じている。

ハンセンは、デンマーク国際問題研究所 (DIIS) の上級研究員であり、ロシアのメディアの動向を注意深く追っています。

「ウクライナの占領地で投票が開始されました。 ロシアは、劇的なエスカレーションによって戦争を終結させようとしています。 必死だ」とハンセンはツイッターに書き、次のように続ける。

混乱を報告する

「一部のロシアのメディアは、それがいかに混沌としているかを報告している。ウクライナ軍に知られないように投票所を秘密にしておくことについての混乱、有権者の数についての混乱、投票の対象となる地域についての混乱」.

ハンセンは次のように付け加えています。

「2つの地域で、ウクライナの離脱、主権国家の樹立、ロシアの編入について投票する必要がある。 一度にすべて。 もちろん、結果に疑いの余地はありません。」

NATO のイェンス・ストルテンベルグ事務局長は、NATO は「いわゆるレファレンダム」を強く非難し、レファレンダムは決して正当性を持たず、国連憲章に違反していると宣言した。 さらに、ストルテンベルクは、NATO 同盟国がロシアの「違法かつ違法な」ウクライナ領土併合を決して認めないと発表した。

話した: Jonas Gahr Støre は、9 月 22 日木曜日の安全保障理事会での演説で、ロシアに対して厳しく非難しました。
シービュー

プーチンの計画を暴露したと信じている

木曜日の午後の国連安全保障理事会の会合で、米国と英国は、ロシアのウラジミール・プーチン大統領が現在考えていることを知っていると信じていると宣言した。

西側の有力者は、プーチンが国民投票の結果に最初に影響を与えると信じています。 その後、彼はこれを口実としてウクライナの領土を併合する予定です。

英国と米国は、プーチン大統領とクレムリンは、これらの地域を解放しようとするいかなる試みも、ロシア領土への攻撃と見なすだろうと信じている。

See also  フロリダの近くで転覆したボートが見つかったため、39人が行方不明

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Recent News

Editor's Pick