女子ODIワールドカップ2022

ニュース

RodriguesとPandeyは、選択可能であるにもかかわらず除外されたと理解されています。

経験豊富な高速ボウラーのシーカパンディとバッターのジェミマロドリゲスは、3月から4月にニュージーランドで開催される女子ODIワールドカップのインドの18人のツアーパーティーから除外されました。
32歳のPandeyは、7月のイングランドツアー中に最後にODIをプレイしました。 彼女はまた、9月から10月に続くオーストラリアツアーの一部でしたが、50オーバーのクリケットでXIを作りませんでした。 ODIに制限されていないが、オーストラリアとのT20Iで感銘を受けたメグナ・シンとレヌカ・シンの出現は、シニアプレーヤーを争いから追い出したようです。

チームの発表を行ったBCCIのリリースでは、ロドリゲスとパンディの除外については説明されていませんでしたが、ESPNcricinfoは、このペアは、適切で利用可能であるにもかかわらず、「最近のフォーマット」。

インドのペースボウリングは、9月にオーストラリアを訪れたときの大きな話題でした。 彼らはそのツアーの唯一のテストで、アリッサ・ヒーリーが「新しいボールではまったくできないことを私たちに見せてくれた」と認めるまで優れていました。 Meghna Singhは、その攻撃の重要な要素でした。 彼女はジュラン・ゴスワミとボウリングを開始しました。これは、インドが3月6日にパキスタンとのワールドカップキャンペーンを開始したときに再び表示される可能性のある組み合わせです。19オーバーから56で2を獲得しました。 右利きの人からボールを​​遠ざける彼女の能力は、特に目を引くものでした。
2021年から22年にかけて印象的な国内シーズンを過ごしたレヌカは、オーストラリアとのT20Iで、ゴスワミ、メグナ、プージャヴァストラカーとの組み合わせで高い評価を受けました。 「ボウラーがオーストラリアのバッターを支配しているのを見るのは素晴らしかったので、私にとってそれが最大のポジティブだった」とスミリティ・マンダナは言った。
ヤスティカはそのツアーから出てきたバッティングのハイライトでした。 左利きの選手は、ODIでの3回目の出場で半世紀を過ごしました。世界最高のボウラーの何人かとのストロークプレーは、セレクターに彼女に固執するよう説得したようです。 その後のチャレンジャートロフィーでは、彼女はインドDとの決勝で最優秀選手に選ばれ、86得点を挙げました。
ロドリゲスは7月にイングランドでの成績が悪かったため、ODI側での地位を失いました。百での彼女の素晴らしいパフォーマンスは、最短の形式でカムバックするのに役立ちましたが、ワールドカップでの場所を予約するのに十分ではありませんでした。
リチャ・ゴーシュは、タニヤ・バティアが彼女をバックアップし、インドのために手袋を保持し続けています。 ゴーシュはオーストラリアでもストライプを獲得しており、すぐに得点する能力は、その点で改善しようとしているチームとうまく調和しています。
昨年のイングランドとオーストラリアのツアーのODIチームの一員であり、前回のワールドカップで準優勝したチームのメンバーであったプナムラウトも除外されました。

スタンバイを含むチームに選ばれた15人のプレーヤー全員、およびPandey、Rodrigues、Rautなどは、先月デラドゥンでのブートキャンプに参加した20人のプレーヤーグループの一部でした。

ESPNcricinfoは、Ramesh Powarヘッドコーチによって提案され、監督下で開催された数日間のキャンプが、スキルトレーニングではなく、主にチームビルディングを目的としていたことを理解しています。 プレーヤーは、お互いの理解を深めるだけでなく、プレッシャーのある状況下で個人として、そしてチームとしてよりよく対応するために考案されたいくつかのタスクに参加しました。

インドは、2月11日から始まる5試合のODIシリーズで開催国のニュージーランドと対戦するときにワールドカップで見られる可能性のある状況を詳しく見ていきます。同じ18人の選手が参加します。そのシリーズには、スタンドアロンのT20Iも含まれています。

1回限りのT20Iのインド女子チーム:Harmanpreet Kaur(Capt)、Smriti Mandhana(副キャプテン)、Shafali Verma、Yastika Bhatia、Deepti Sharma、Richa Ghosh(ウィケットキーパー)、Sneh Rana、Pooja Vastrakar、Meghna Singh、Renuka Singh、Taniya Bhatia(ウィケットキーパー)、Rajeshwari 、Poonam Yadav、Ekta Bisht、Sabbhineni Meghana、SimranBahadur。

Annesha Ghoshは、ESPNcricinfoの副編集者です。 @ghosh_annesha

See also  UFC 276の結果、ハイライト:ジム・ミラーがドナルド・セラーニを提出し、「カウボーイ」を引退に送ります

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Recent News

Editor's Pick