女子ODIワールドカップ-ワールドカップスナブのプナムラウト:継続的に除外されることは非常に失望します

ニュース

一流の打者は2021年に平均73.75で、1世紀と250年でした。

経験豊富なトップクラスのバッター、プナム・ラウトは、「継続的に除外されることは非常に失望している」と述べ、女性のODIワールドカップでインドのチームを作らなかったことに失望を表明しました。
木曜日に、BCCIは、3月から4月にニュージーランドで開催されるグローバルイベントの18人の派遣団を指名しました。そこでは、ジェミマロドリゲスとシーカパンディも注目すべき欠席者の1人でした。 しかし、チームの発表を行ったリリースでは、除外について説明していませんでした。
32歳のラウトは、昨年のイングランドとオーストラリアのツアーのODIチームの一員であり、インドが準優勝したワールドカップの前のエディションでも取り上げられました。 彼女が2021年にプレイした6つのODIで、ラウトは平均73.75で、100を含む295のランを蓄積しました。
「経験豊富な打者とインドの一貫した得点者の間で考慮されてきたので、私はワールドカップチームの一員であることに非常に失望しています。」 ラウトはツイッターに書いた

「2021年の平均は73.75で、私がプレイした6つのODIゲームで125世紀を含む295ランを記録しました。パフォーマンスを行った後も継続的に除外されることは、非常に残念です。とはいえ、延長したいと思います。インドを代表するすべての選手に心からお祈り申し上げます。」

ラウトは73回のODIで平均34.83回の2299ランを記録し、3回のODIワールドカップと4回のT20Iワールドカップに参加しています。 右利きの選手が若くて攻撃的な打者に勝ったのはこれが初めてではない。 2018年でさえ、チームの経営陣が10代のロドリゲスの手入れを始めたとき、彼女はODIチームの場所を見逃されていました。

ラウトは遅いと批判されることが多いが、2021年にストライク率を68.92に改善した。2021年の開始前の彼女のキャリアストライク率は56.96だった。

「ストライキ率についてはあまり考えていない。チームへの貢献に焦点を合わせている」とラウトは昨年3月の南アフリカに対するODIシリーズで語った。 「カムバックは [as I have in the past]、精神的に強いままでいることが重要です。 ストライク率が低いと言われる方もいらっしゃいますが、気にしないでください。 私は自分のゲームに取り組み続けています。」

2021年、ラウトは、国内での南アフリカに対するリミテッドオーバーシリーズが成功した後、インドの女性に配られるBCCIの中央契約でグレードCからBに昇格しました。

See also  アメリカ - 韓国 145:69、ジョーンズとトーマスがアメリカ女子バスケットボールの記録的な勝利に参加

Related News

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Recent News

Editor's Pick