大阪が勝利で帰ってきた

大坂なおみは、グランドスラムの4つのシングルタイトルのうち2つを獲得した場所に戻ってきました。しばらくして、ゲームへの愛情を再発見しようとした後、気分が良くなりました。

全豪オープンチャンピオンは、メルボルンで開催されたサマーセットのトーナメントの1つで、火曜日にアリーゼコルネに6-4、3-6、6-3で勝利して2022シーズンを開幕しました。

大阪は2月に全豪オープンで優勝して以来、初めてロッド・レーバー・アリーナに戻ってきました。 9月の全米オープンでレイラ・フェルナンデスに3回戦で敗れて以来、これは彼女の最初のツアーレベルの試合でもありました。

その敗北後、大阪は「次のテニスの試合をいつプレーするかは正直わからない」と語った。

試してみる時間

彼女はまた、昨年初めに休みを取りました。これは、2回戦の前に全仏オープンから撤退したときに始まったメンタルヘルスの休憩です。

彼女はまた、ウィンブルドンに腰を下ろし、東京オリンピックに戻り、開会式で大釜に火をつけました。

メルボルンでの開幕戦で優勝した大阪は、今年の大きな目標の1つは、ゲームを楽しむことだと語った。

「私は結果とランキングを少し気にしすぎたタイプの人であり、それが私が最初にゲームをプレイした理由であるため、ゲームをもう一度楽しむ方法を見つける必要があります」と彼女は言いました。

友人や家族との付き合いに時間をかけた後、彼女はゆっくりとゲームへの愛情を取り戻し始めたと言いました。

「完全に消えたわけではありませんが、年々遊んでいるだけで感じていたたくさんの感情に影を落としました」と大阪は語った。

See also  インドネシア代表が2023アジアカップの自動チケットを提供、マレーシアが手を挙げ

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Recent News

Editor's Pick