国防総省、ウクライナ防衛資金の提供を議会に要請 > 米国国防総省 > 国防総省ニュース

1699661817
2023-11-09 22:50:00

本日記者会見したサブリナ・シン副国防総省副報道官は、国防総省はウクライナの戦場でのニーズに応え続けるためにジョー・バイデン大統領が当初8月に提出した補正予算要求を可決するよう議会に懇願していると述べた。

「この政策が議会で承認され可決されるという緊急の必要性はますます高まっている」と彼女は述べた。 その結果、「我々はウクライナへの支援を減らさざるを得なくなった」。

国防総省は、2022年2月にロシアによるウクライナへの全面侵攻が発生して以来、当初保有していた623億ドルのウクライナ補助資源の95%を使用した。

ウクライナ安全保障支援イニシアチブの資金はすべて使い果たされたと彼女は述べた。

大統領の資金引き出し権限からの少額の資金が利用可能だが、ウクライナへの荷物はどんどん小さくなっている、と彼女は語った。

同氏は、ウクライナ防衛コンタクトグループの別の会合が今月下旬に開催される予定であると述べ、同盟国やパートナー国は引き続きウクライナを支援しており、米国も同様であると付け加えた。

アントニー・J・ブリンケン国務長官は昨日、G7外相会合中に東京で記者会見を行い、G7はウクライナへの支援を活性化し維持する上で世界をリードしてきたと述べた。

同氏は、ウクライナが来年に向けて強固な基盤を築くために、米国はウクライナが4つのことを同時に実行できるよう支援する必要があると述べた。

1

領土を取り戻すために戦い続けてください。

2

長期にわたる最大限の抑止力を確保するために世界クラスの軍事力を構築し、ウラジーミル・プーチン大統領に、自分がウクライナを超えることはできないし、今後も続かないこと、そしてウクライナの支持者全員を超えることはできないし、今後も続かないことを明確にする。

3

経済の回復と成長を加速させ、ウクライナ国民にさらなる希望と機会をもたらします。

4

ウクライナの欧州連合への道を加速し、投資を呼び込むために改革プロセスを加速する。

#国防総省ウクライナ防衛資金の提供を議会に要請 #米国国防総省 #国防総省ニュース

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Recent News

Editor's Pick