国立台湾大学がジャーナリズム学科の設立を計画していることに何も問題はないが、現在の業界内での競争は優秀な学生の入学を妨げるだけだ – The News Lens Critical Commentary Network

1699964302
2023-11-14 08:00:11

芸術:スラッシュシニアシスターエミリー

最近見たよニュースレポート、国立台湾大学が学生募集のためにジャーナリズム学部を設立するかもしれないとのことですが、6年間(大学4年+大学院2年)コミュニケーションを学んだコミュニケーターとして、今日は私の意見を述べます。

4年生のとき、私はコミュニケーション学科の「実践分野」の最上位で勉強していたため、当時のクラスには大学院への進学を希望する人が少なく、頼れる存在だったことを今でも覚えています。指一本ですが研究 試験はかなり熾烈で、受験率も応募した人全員が合格できるわけではありませんでしたが、まさかこの状況がたった数年でここまで栄えなくなるとは予想していませんでした。だった。

近年、他の私立学校はおろか、国立台湾大学や国立政治大学などジャーナリズム・コミュニケーション関連機関の修士課程への志願者数が過去最低を記録しており、ジャーナリズム学部の衰退に関する議論が巻き起こっている。もちろん、最も直接的なことは、この部門に魅力がなくなったことです。

「社会の報道環境が学生の意欲を阻害する」

振り返ってみると、実は私は中学生の時にジャーナリズムを専攻しようと決めていたのですが、その志は非常に明確で、途中で変わることはありませんでした。そんな時、学校でアンカーシスターの林淑偉さんのスピーチを聞いて、この仕事は多くの人にインタビューし、多くの話を聞き、生の情報を入手し、真実を掘り起こすことができると感じました。社会的価値があり、かつやりがいのある仕事を目指してSESという仕事もあります。

しかし、実際に報道業界に入って数年が経ち、かつては報道業界は陰謀と公然たる優越争いだけで、仕事があっても何も得るものはなかったのではないかと深く嘆いた。ニュースに根性のない上司や、他人に媚びへつらうだけの同僚のニュースバリューは、盲目的な評価の追求と、センセーショナルな見出しがつきそうなニュースの追求だけが残っている。

比較的専門的な専門知識が必要な国際ニュースや経済ニュースを選んだとしても、書いていて悲しい気持ちになることがよくあります。このような報道環境は、人々に寄稿できる環境がないと感じさせている。

「ジャーナリズム部門は専門家ではありません。何でもできるようで何もできないようです。」

次に、ジャーナリズム学科での 4 年間の教育では、業界と歩調を合わせるために、学校ではプレスリリースの作成、放送スキル、さらにはメディアインターンシップまで教えられましたが、率直に言って、私が学んだジャーナリズムとコミュニケーションの専門分野はほとんどありませんでした。技術は非常に基本的なものであり、一般の人にとってはすぐに始めることができるかもしれないと言われていますが、唯一の違いは、コミュニケーション学科の学生はより優れたコミュニケーションスキルやチームワークスキルなどを持っているかもしれないということですが、これらはそうではないということです社会に足を踏み入れるために必要な「ハードな力」。

例えば、私の父は医師ですが、すでに60代ですが、医療職、外科の診断など、これらは「専門性」です。10年以上与えられたからといって、必ずしもやり遂げられるわけではありません。学ぶことができ、他人が奪うことのできないスキル。あるいは、ミュージシャンは楽器を演奏できますし、エンジニアはプログラムを書くことができ、これらはいわゆるスキルですが、ジャーナリズムの学生はどうでしょうか?

当教室は思考力を重視し、生徒の考えを表現することに定評があり、もちろん国際的な視野を養うコースもあります。ただ、ほとんどの学生は真剣に勉強しない、本を読みたくない、英語を上手に読みたいと思わない場合、結局それらはあなたの栄養にはなりません。

調査は「アメリカの新入生はジャーナリズム学科を最も後悔している」と指摘している。

次に、このレポートも非常に興味深いと思うのですが、アメリカの就職サイトに関する調査によると(最も後悔している大学専攻トップ10と、代わりに進学しておけばよかったと思う卒業生たち) で、1,500 人以上の失業中の新入生に「最も後悔している専攻」について質問したところ、そのランキングが発表され、ジャーナリズム学部が「優勝」し、ジャーナリズム卒業生の 87% もの人が後悔していることが判明しました。以下は社会学、教育、マーケティング管理、政治、生物学、英文学などです。リストに載っている人のほとんどが文系学部であることが分かり、勉強している内容が給与に比例しないことや、業界の将来性が不透明であることなどから、本校の教育と卒業生の将来が不透明であることがわかります。遠く離れています。

ジャーナリズム業界だけを責めることはできない、政府にも責任がある

さて、本題に戻りますが、国立台湾大学がジャーナリズム学科を設立したいのは良いことだと思いますが、これは一部の低位校を排除したり、真に野心的な学生を惹きつける機会にもなるかもしれません(ちょっと気になったのですが、しかし、業界全体として、進歩の欠如や劣化をニュース業界自体のせいにすることはできません。視聴率のプレッシャーを競い続けるのではなく、これは考えるべきことなのかもしれない。

「公共放送グループの統合も一つの方法ではないかと思います。何しろ台湾にはテレビ局が多すぎるのです。メディアが政治、社会、文化について合理的に語るよう奨励されなければ、現在の競争方式では限界があるでしょう。」優秀な学生があえて入学しないようにすればするほど、メディア業界から脱走者が増え、排除反対のメカニズムが生まれることになる。

あなたがまだメディアを専攻する学生の場合はどうしますか?私は現在大学で非常勤講師をしていますが、学生たちによく言っているのは「学び続けること、自分で道を見つけることが一番大切」ということです。在学中に監査やダブルメジャーを増やすことで教育資本を増やすことができ、社会に出てからも斬り込んだり、業界の人とコミュニケーションをとったり、人脈を増やしたりすることができます。しかし、私たちが間違った専攻を選択したからといって、私たちが生涯にわたって間違ったキャリアを選択することを意味するわけではありません。

参考文献

[Key Comment Network のメンバーとして参加してください]優れた記事が毎日あなたのメールボックスに直接送信され、独占的な毎週の編集セレクション、時事問題のセレクション、アートウィークリー、その他の特別な電子ニュースレターが届きます。メッセージを残して、記事の内容について著者、記者、または編集者と話し合うこともできます。今すぐクリックして無料会員になりましょう!

担当編集:パン・ボーハン
ドラフトレビュー編集者: Luo Yuanqi

#国立台湾大学がジャーナリズム学科の設立を計画していることに何も問題はないが現在の業界内での競争は優秀な学生の入学を妨げるだけだ #News #Lens #Critical #Commentary #Network

Related News

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Recent News

Editor's Pick