国全体がマネージャーと話すことを要求します

ミシガン州トラバースシティの専門食料品店で、Shea O’Brienという名前のマネージャーが、売りに出されている魚の種類が在庫切れであると怒っている顧客から読み取れなかったとして最近非難されました。 別のケースでは、マスクを着用したくない男性が別の従業員を口頭で暴行し、従業員が泣き始めるまで、自由と専制政治についての即席の独り言で個人的な侮辱を散りばめたとオブライエンは述べた。

「私は怒鳴り続けました。 『知事はもうマスクを着用する必要はないと言った』とオブライエンは言った。 一定数の労働者がいる場所では依然として義務的であるという女性の反応は、彼をさらに激怒させただけだった。

最後に、オーナーがやって来て、「二度と戻ってこないように顧客に言った」とオブライエンは言った。

それはあなたの想像ではありません:人々の行動は本当に悪化しています。 パンデミック中の1,000人のアメリカ人成人を対象とした調査では、成人の48%と労働者の55%が、2020年11月に選挙後にアメリカ市民権が向上すると予想していると述べました。

8月までに、改善の期待は全体で30%、労働者の間で37%に低下しました。 全体として、回答者の39%だけが、米国の調子が文明化されていると信じていました。 調査はまた、クライアントと一緒に働く必要がなかった人々がそうした人々より幸せであったことを発見しました。

調査の実施を支援した戦略的コミュニケーション企業ウェーバー・シャンドウィックのグローバル企業慣行の社長であるミコ・スプリングは、次のように述べています。

同時に、多くの消費者は、オンラインでビジネスの多くを行っている企業(小売業者、ケーブルテレビ事業者、レンタカー会社など)でのサービスが不十分であると見なしていること、および顧客の防止にほとんど関心があるように見えることから、正当に不当に扱われています。実在の人々と話すことから。

「パンデミックにより、多くの企業は、提供する顧客体験の質に焦点を絞ることができるようになりました」と、顧客サービスコンサルティング会社であるWatermarkConsultingの創設者であるJonPicoult氏は述べています。

See also  日本経済は4月から6月にかけて年率2.2%で拡大

Related News

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Recent News

Editor's Pick