喘息を伴う全豪オープンウォーミングアップトーナメントからのニックキリオス

ニック・キリオスは、喘息を理由にメルボルンで開催されたオーストラリアオープン男子ウォーミングアップトーナメントから撤退しました。

キルギオスは火曜日の夜、メルボルンパークでスロバキアのアレックスモルチャンと対戦し、昨年末に膝の治療を受けてテニスに復帰する予定だった。

しかし、ラッキールーザーがメインドローで26歳のオーストラリア人に取って代わります。

わずか15試合をプレーした2021年の静かなシーズンの後、世界ナンバー93に急落したキリオスは、ATP250トーナメントにワイルドカードを与えられました。

彼はまた、来週のシドニーテニスクラシックのワイルドカードを手渡されました。

キリオスはここ数週間、膝をリハビリし、キャンベラでトレーニングを行っています。

もっと来ます。

投稿 更新しました

See also  BOLA – PSVはロジャーシュミットに別れを告げる:「私たちは彼が将来のために最善を尽くすことを願っています」(ベンフィカ)

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Recent News

Editor's Pick