古いショッピングセンターがまもなく歩行者専用の都市センターに生まれ変わります

1684853744
2023-05-23 14:35:39

50年前にオープンした、 センターコマーシャル フラナードから ティール (ヴァル=ドワーズ)は高齢化しています。 その結果、この場所を自動車禁止の市内中心部にするために5,000万ユーロが投じられたと報告されている。 パリジャン。 地元人口の6割が集まるグランドアンサンブル全体を活性化できる取り組み。

変貌した市内中心部

プロジェクトの 5,000 万ユーロのうち、3,500 万ユーロは、ショッピング センターのオープンと発見のために、所有者である La Compagnie des Bâtiments Parisiens によって投資されました。 これにより、地区を開放しながら料金を引き下げることが可能になります。 9月にはG20スーパーマーケットが登場する。 センターの商業面も縮小され、大学、文化、デジタルスペースが優先されます。 現時点では、既存のトレーダーが移転されるか補償されるかは不明です。

同時に、フラナードの周囲、つまり 21,000 平方メートルが、公共当局の資金提供により 2,000 万ユーロ近くをかけて改修され、レストラン、文化施設、さらには世代を超えた建物が建設される予定です。 この変革には、一部の地元住民が望んでいるように、中流階級をサルセルに戻す取り組みも伴うべきである。

#古いショッピングセンターがまもなく歩行者専用の都市センターに生まれ変わります

Related News

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Recent News

Editor's Pick