先住民族の児童福祉:取引の詳細は本日発表される予定です

連邦政府と先住民族の児童福祉の擁護者は、先住民族の児童および家族サービスの補償と長期的な改革に関する新たに合意された合意について、本日最新情報を提供します。

パティ・ハイドゥ先住民サービス大臣、マーク・ミラー王冠先住民関係大臣、およびオタワの児童福祉システムへの資金不足によって先住民の子供たちに引き起こされた危害に対する補償を求めている当事者は、午後1時ESTに予定されている記者会見を開催します。

土曜日に、CTVNews.caは、12月31日の交渉期限を約束した後、双方が合意に達したことを確認しました。

それは、カナダの先住民族との歴代の政府の関係を分裂させてきた長年の法廷闘争に終止符を打つでしょう。

2007年2月、ファースト・ネーション本会議とファースト・ネーション児童家庭介護協会は、カナダ人権法廷(CHRT)に、連邦政府が人種、国、または民族に基づいてファースト・ネーションの子供を差別したと主張して苦情を申し立てました。 、予備の児童福祉サービスの不公平な資金を提供することによって。

2016年、CHRTは彼らに有利な判決を下し、政府に差別的慣行をやめ、それを是正および防止し、ヨルダンの原則を完全に実施するための措置を講じるよう命じました。

ヨルダンの原則は、先住民の子供たちが他のすべてのカナダの子供たちと同じように公的資金によるプログラムやサービスに遅滞や拒否なしにアクセスできるようにすることを目的としています。 これは、予備の子供と予備の子供に適用されます。

3年後、CHRTは、2006年以降、資金不足の先住民の子供と家族サービスの影響を受けるすべての先住民の子供、親、および/または祖父母(主介護者の場合)に40,000ドルを支払うよう政府に命じました。

約54,000人の子供とその家族が補償を受ける資格があると推定されており、これは連邦政府に20億ドル以上の費用がかかることになります。

CHRTはまた、ヨルダンの原則に基づく適格性を拡大して、法的要件に基づく2つの新しいカテゴリーの子供を含めるべきであると決定しました。

彼らの言葉で言えば、インディアン法のステータスを持たず、ファースト・ネーションの市民またはメンバーである子供、およびインディアン法のステータスを持たないが、ステータスの資格がある親または保護者がいる子供も、妨げられない政府サービスを受ける権利があります。

9月、連邦裁判所は、最初の建国記念日の真実と和解の数日前に、オタワのCHRT補償判決に対する上訴を却下しました。 1か月後、政府は、別の控訴審がまだ審議中であるが、関係者との決議交渉が開始されたと発表した。

「私たちは最初から、それらの子供たちに補償したいと言ってきました。 これは、カナダ人権裁判所による広範かつ広範な決定であり、以前にも述べましたが、 [we have] それに関する特定の管轄権の問題。 それは私たちが世界的な決議を進めることを妨げるべきではありません」とミラーは10月29日に言い、法廷の外で行われるべき仕事があると付け加えました。

元上院議員であり、カナダ真実和解委員会の委員長であるマレー・シンクレアが交渉を監督しています。

政府は、秋の経済および財政の最新情報で概説されているように、補償および改革イニシアチブのために400億ドルを確保しました。

カナディアンプレスからのファイル付き。

See also  ドナルド・トランプは、議会の別の任期のために、ハウスの少数派リーダーであるケビン・マッカーシーを支持します

Related News

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Recent News

Editor's Pick