中部ジャワに出荷された75,000以上の口蹄疫ワクチン

TEMPO.COジャカルタ 中部ジャワ州は、6月23日木曜日にさらに75,500の口蹄疫(FMD)ワクチンの接種を受けました。これにより、FMDの発生後の最初の1,500のワクチンの配布が増加します。

最初の出荷は乳牛の人口が多い地域に配布されましたが、今回はワクチンは中部ジャワの35の地区と都市に配布されます。 「2022年7月2日までに、ワクチン接種の第1段階を完了する必要があります」と中部ジャワの家畜および動物衛生サービスの責任者であるAgusWariyantoは述べています。

彼によると、予防接種は健康な状態の脆弱な家畜を対象としています。 ワクチンの対象となるレシピエントには、乳牛、肉牛、繁殖施設の牛、生産性の高い雌牛が含まれます。

以前に受けた合計1,500のワクチンが、ボヨラリ(400回分)、スマランリージェンシー(300回分)、クラテン(200回分)、スコハルジョ(200回分)、サラティーガ(100回分)からなる優先地域に配布されました。マゲランリージェンシー(100回分)、スマラン市(100回分)、ウォノソボ(100回分)。

中央ジャワの機関は、現在約26,000頭の家畜が口蹄疫にかかっている疑いがあると述べた。 その数のうち、0.5%が死亡し、21%が治癒したと宣言されました。

JAMAL A. NASHR

ここをクリック GoogleニュースでTempoから最新のニュースアップデートを入手するには

See also  フロップガン—議会のヒットとミス

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Recent News

Editor's Pick