中国は宇宙ステーションの完成を計画しており、2022年に多くの打ち上げが行われます

北京(AP)—中国は、年末までに軌道を回る宇宙ステーションを完成させることを再び約束し、2022年に40回以上の打ち上げを計画しており、米国とほぼ同じレベルになっていると述べています。

新華社通信は木曜日に、CASCとして知られる中国航天科技集団による最近の発表を引用して、2つの神舟乗組員ミッション、2つの天舟無人宇宙補給機、およびステーションの追加の2つのモジュールの打ち上げが含まれると報じた。

MengtianおよびWentianという名前の科学モジュールは、現在3人の乗組員がいるTianheコアモジュールに加わります。


打ち上げスケジュールは、中国の伝統的に慎重なプログラムが、宇宙探査で主導的な役割を果たすことを目指しているため、ミッションのリズムをどのように高めているかを示しています。

米国は、COVID-19のパンデミックにより、2021年にペースが鈍化した後、今年はほぼ同じ数の打ち上げを予想しています。 コンピュータチップなどの重要なアイテムの供給チェーンが途絶え、ロケット燃料として使用された液体酸素は、患者を救うために病院に転用されなければなりませんでした。

最も期待されているのは、スペースローンチシステムの3月頃に予定されている打ち上げです。これは、将来の月面ミッションで予定されている高さ1,010メートル(332フィート)のロケットです。

中国の軍事運営の宇宙計画は、主に米国の反対により、国際宇宙ステーションから締め出された。

中国は主に独自に活動しており、天宮号宇宙ステーションプログラムを推進し、最新の反復に着手する前に2つの実験ステーションを建設して放棄しました。

天和に搭乗した乗組員による現在の6か月のミッション神舟13号は、2003年に初めて人間を宇宙に投入して以来、中国で最長であり、ロシアと米国に次ぐ3番目の国になりました。

乗組員は、中国人女性宇宙飛行士による最初の船外活動を含む2回の船外活動を実施し、ステーションのロボットサービスアームと一緒にテストを実施しました。

3人は常設ステーションの2人目の乗組員で、完成すると約66トンの重さがあり、1998年に最初のモジュールを打ち上げたISSの約4分の1の大きさで、重さは約450トンです。

中国はまた、無人のミッションで成功を収めており、その月探査プログラムは昨年、玉兔2号探査車が「謎の小屋」と呼ばれるものの写真を送り返したときに、メディアの話題を呼んだが、おそらくある種。

ローバーは、月の裏側で少し探索された場所に最初に配置されました。 中国の嫦娥5探査機は、2000年12月の1970年代以来初めて月の石を地球に戻し、別の中国の探査車が火星での生命の証拠を探しています。

プログラムも論争を呼んでいます。 10月、中国の外務省は、中国が2か月前に極超音速ミサイルをテストしたという報告を非難し、新しい宇宙船が再利用できるかどうかをテストしただけだと述べた。

中国はまた、非常に秘密のスペースプレーンを開発していると伝えられています。

See also  Instagramは、ストリーミングソフトウェアを使用してデスクトップからライブ配信できる「LiveProducer」ツールをテストしています– >

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Recent News

Editor's Pick