世界の新しい人権危機管理者である Volker Türk には、やるべきことがたくさんあります。

「それは非常に早い段階で始まった」と彼は言い、10代の頃に学校で受け取り、今でも財布に入れている国連の世界人権宣言の色あせたバラバラのコピーを証拠として提示した.

ナチスによるオーストリア併合と、同国のホロコーストとのつながりをほのめかしながら、「私は自国の歴史に特徴付けられた」と語った。 「私は今でもその世代の一員です。なぜそれが起こるのか、信じられないことです。より良い世界を探すために何ができるでしょうか?」

法学の学位を取得した 1970 年代に、フェミニスト運動と反アパルトヘイト運動の高まりに感銘を受けたと彼は言います。 その後、国際難民法で博士号を取得し、国連難民機関に採用される道を開きました。

「私は国連が状況に入り、人々のために直接何かをすることができるという事実に魅了されました」と彼は言いました.

難民保護活動も犠牲になった。 チュルク氏は、第一次湾岸戦争後のクウェートで、パレスチナ人とイラク人の被拘禁者に長時間インタビューし、投獄、性的虐待、拷問のトラウマ体験を聞いたことを思い出した。

「あなたはそれに対処します」と彼は言いました。

現在、高等弁務官としての彼の野心には、現場でより強力な国連人権プレゼンスを構築し、直面している要求を満たすための資金が不足している事務所のために、より多くの資金を調達することが含まれています.

テュルク氏が予見する「最大の課題」は、人権が普遍的であり、ウクライナでの戦争や気候変動など、今日の最先端の問題に取り組むための中心であると認識する世界的なコンセンサスを再燃させることです。 彼は、第二次世界大戦以降採用された国際的な人権保護の基礎である世界人権宣言が西洋の価値観のカクテルであるという「誤解」に反論します。

人権は、「地政学と分断の巻き添え被害にはなり得ない」と彼は言います。

See also  習近平が中国で今日の毛沢東と呼ばれるのはなぜですか?

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Recent News

Editor's Pick